♪ふぅのひとりごとと、日常の会話の中でウケた話をネタとして記録しています。ネタ、ウケたら拍手をお願いします。
page top
兄とライフで買い物をしました。
兄は、天ぷら用の油が残り少ないからと、1000円近いオリーブ油を取ろうとします。
私、「えっ、そんな高いのをてんぷらに使うの?私、オリーブ油なんてもったいないから、炒め物とか少量の使い方しかしないよ。揚げ物の時は専らサラダ油しか使ったことない。」
兄は、サラダ油は熱を入れたら良くないから、高くても天ぷらなどの揚げ物にはいつもオリーブ油を使うものだと思っていたと言います。
それならば、とカキフライをオリーブ油を使って作りました。
確かに、いっぱい揚げても、室内は油臭くならないし、味も脂っこくなくて美味しい。
カキフライが美味しいのは、私の揚げ方が上手いからじゃないの?
兄は、そうかもしれないけど、腕が良くても油が悪ければだめだし、少々腕が悪くても油が良ければ美味しくできる、と言いました。
よそのおうちでは、揚げ物に何油を使っているのでしょうか?

スポンサーサイト
page top
もずく


どんだけ好きやねん?
て感じ。
page top
夕飯
納豆等のネバネバ食品は、朝食べるより夜食べた方が、肌には効果的だと、ある番組で見てから、夕食は、大体同じような物になっています。

豆腐、もずく酢、納豆、卵、トマト、オクラ、とろろ芋、ネギ、豆腐の代わりに細うどんかそば。
全部が揃わないときもありますが、もずく酢は必ずあります。あの酸っぱさが大好きです。
夜は白飯は食べません。発泡酒350mlを1本飲みます。たまに2本。

痩せません。
チョココーティングされた柿の種にもはまってます。それを食べることも多いので。
page top
乙女りんご
スーパーマーケットのオオゼキの店頭に乙女りんごが並んでいました。
真っ赤です。小さくてかわいい。
皮を剥かずにそのままかじって食べられるかな、と思って買いました。
味は、まあまあ甘く美味しいのですが、皮が硬いです。
皮を剥いて食べるのも面倒くさいなあ。

ブログで検索して、ヒントを得てやってみました。
シンプルに砂糖煮。
乙女りんごもの砂糖煮
写真は、1個味見した隙間に入りきらなかった生りんごを入れたものです。

小鍋に水200cc、グラニュー糖のスティックを3本。
砂糖が溶けるようにお湯を沸かし、その中に乙女りんごを並べ(りんごが水面より半分くらい出ています)、落とし蓋(アルミ箔)をして弱火で30分煮るだけ。
まだ水分は残っていますが、冷めるまで置くと、りんごが水分を吸いきって、鍋の中に残りません。

どんなんかな~?
「うまいっ!」
適度な甘さととろけるような食感。
やっぱり皮は口に残っちゃいますけど。
page top
ひじきの煮物
三重のお土産のひじきです。
伊勢志摩国立公園 大王埼のひじき

大きいお鍋にいっぱい作りました。
具だくさんのひじきの煮物です。
ひじきの煮物
ひじきの他に何が入っているでしょうか?
油揚げ、人参、玉葱、タケノコ、鶏肉、舞茸、グリーンピース、大豆、こんにゃく、ちくわ。

今日から、毎日おかずはひじき(笑)。
© ふぅのひとりごと & ネタ帳. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG