♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
わさび
本日ふたつめの「ネタ帳」。

母の通院の帰りにはスシローに寄るのが恒例になっています。
兄は、わさびが好きで、お寿司にわさびをいっぱいつけて、汗だくになって食べています。
そんなにつけて、お寿司の味がわかるの?と私が思うくらいです。
兄は、チリソースに比べたら辛くないと言います。

スシローのわさびは、小さいパックに入っています。
私は、お皿にわさびを出して、少しずつつけて食べるのですが、兄は、お寿司にパック1個分のわさびを全部乗せています。
「えーっ!そんなにつけるの!?」
「1個しかつけてないよ。2個もつけてないよ。」と真顔で言います。

え?おかしくない?
私は大笑いしちゃいました。
スポンサーサイト
page top
とんび
久しぶりのカテゴリ「ネタ帳」です。

3月に出かけたサイクリングで、海辺でハンバーガーを食べていたら、とんびにハンバーガーを攫われた話を兄にしました。
私の手に紙だけ残して、私に怪我もさせず、見事にハンバーガーだけを奪っていったと。
とんびは後ろからしか襲わないらしいよ。だから後ろを壁にして食べるといいんだって。という話も。

すると兄は、
「壁の前で壁に向かって手に持っていたら、とんびは壁にぶつかるのかなあ。」と。
その画を想像しただけで大笑いしたふぅでした。
page top
笑いのツボ 対偶
先日、棚経の日の晩、身内が集まって、父を供養しての宴。
ビールで献杯。

私「ひとりで飲むビールは美味しくないと思っていたけど、冷えたビールはひとりで飲んでも美味しいことがわかったの。」
兄「そりゃそうだ。みんなで飲んでも、ぬるいビールはまずいよ。」

その言葉で、私は笑いのツボにはまってしまいました。
兄嫁「あれ?笑いのツボにはまっちゃった?」と笑います。
私「すみません、私、笑いのツボが浅いもんで。」としばらく笑いが止まりませんでした。

まるで、数学の命題の対偶について話しているみたいでした。
「冷えたビールはひとりで飲んでも美味しい。」が真ならば、
その対偶「みんなで飲んでもぬるいビールは不味い」も真なり。
ん?これって正しい?
page top
車掌は花粉症?
相鉄線で横浜に出ました。
横浜終点です。
それを車掌が案内しています。
でも、私には、このようにしか聞こえません。
「ヨコハバ~、終点です。」
page top
あなたは(頭が)パァですか?
兄と英語力の話。
私「昔、英語で講義をしていたことがある。」
兄「じゃあ、英語は得意なんだね。」
私「いや、講義は知っている単語を並べればいいだけだけど、英語を聞き取るのがだめなんだよね。」
兄「そうだね『パードン(pardon)?パードン(pardon)?』ばかり言われたらいやだろうね。」
私「うん、『あんたがパァどん?』て言われちゃうよね。」
© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG