♪ふぅのひとりごとと、日常の会話の中でウケた話をネタとして記録しています。ネタ、ウケたら拍手をお願いします。
page top
明日はどこへ行こう?
今朝は、仕事の疲れと昨日のバスケの疲れと昨夜1時半過ぎて寝たので、とっても起きるのが辛かったです。
ヤバイ、自転車で出勤するつもりなのに。

往路
8:14発8:46着
走行時間:0:29:47
走行距離:9.32km
平均速度:18.8km/h
最高速度40.1km/h
消費カロリー:131.3kcal
往復
走行時間:1:13:54
走行距離:19.50km
平均速度:15.8km/h
最高速度40.1km/h
消費カロリー:227.8kcal

出遅れました。
到着は8:50の始業前ギリギリです。

朝から頭痛い。
こめかみを押さえながら仕事。
疲れが残ってるのかな?
自転車で急いで来て汗かいてその汗が冷えて風邪ひいたかな?
ちょっと寒気がします。
いや、朝起きたときから目の奥から頭が痛かったような。
肩が異常にこってます。
石のようにカチンコチンです。
3時、ティータイム。
おやつのカレー味の揚げせんべいと甘いお菓子を少しを食べたら、吐き気がしてきました。
それでも、仕事に集中。
5時。
頭痛いけど、今の仕事を片付けないと気分が落ち着かない。
胃まで痛くなってきました。
頑張るけど、7時が限度。
自分の担当分だけならそんなに残業しなくても余裕だけど、最終週は応援するために今自分の担当分を頑張ってます。
でも、残業せずに帰る人のために残業してまで仕事を急いで応援する、てどうなの?
いいんじゃない?体力ない人は残業きついもの。

あ~、今日は自転車で帰るんだった。電車で寝て帰れない。
自転車で良かったかも。
今日不愉快なことがあって気分転換になったし、血が流れたような気がします。
帰宅したら、ビールがおいしいじゃん。

自転車、案の定しっかりチェックされてました。
随分いじったね。ブレーキもVブレーキに替えたでしょ。
いや、もともとVブレーキ。替えたのはワイヤーだけ。

今日の体調の悪さに、明日のサイクリングの意欲が落ちていましたが、血が流れたら、行けそうな気がしてきました。
さて、どこ行きまひょか?


スポンサーサイト
page top
今年最初のチャリ通勤
心配のコメントをいただきながら、今日自転車で出勤しました。
そして、無事に帰って来ました
8:00自宅出発、8:35会社(5階)に到着。
(近過ぎてスミマセン。)

往路
走行時間:0:30:40
走行距離:9.53km
平均速度:18.6km/h
最高速度:43.9km/h
消費カロリー:136.5kcal

往復
走行時間:1:24:48
走行距離:21.80km
平均速度:15.4km/h
最高速度:43.9km/h
消費カロリー:261.2kcal

危うく迷子
R246は信号が多いので、鶴間橋際から町谷原経由の道で行きました。
以前通勤に通ったルートよりショートカットしようと手前で右折したら、初めて通るその道、道がわからなくなってしまいました。
成瀬クリーンセンター沿いの道に出ました。
迷子になって遅刻したらまずい!
丁度犬の散歩中の女性に、恩田川への道を尋ねたら、小学校の横を行けば恩田川にぶつかると教わり、事なきを得ました。
田奈駅前に出て、その先の信号を左折した所から青葉台幼稚園前までの道を通ったのですが、しらとり台あたりまでの上り坂が楽ではない。
会社のすぐそばのこの道で汗をかき、かつては青葉台の自転車置き場に自転車を置いていましたが、今日は会社のビルのエレベーターに自転車ごと乗りました。
ママチャリ(ふぅ1号)はエレベーターに乗れませんでしたが、アビオス(ふぅ2号)は乗れました。
会社に着くと汗だくで、タートルネックのトレーナーを脱ぎ、Tシャツ姿に。

自転車は5階の外階段に置きました。

こんな近くに居た、自転車コンサルタント
(1)バーエンド
「バーエンド、付け替えていいかな。素人チックでいやなんだけど。」
とロードマンのシンヤさんに言われました。
「スタンドが付いているのも気に入らないなあ。」
遊行寺参道
このバーエンドの角度がお気に召さないようです。
「いや、あれは、腰を伸ばしたいときに手を置くのにちょうどいいんです。」
とは言ったものの、シンヤさんの言うようにバーエンドの角度を変えたら、もっとスピードが出せるようになるかなあ、と思ったので、後刻、
「シンヤさん、本気でバーエンド直してくれますか?」と。
シンヤさん「え?そんなに簡単にポリシーくずしちゃっていいの?」
Tさん「違うよ、素人と言われてプライドが許さないんだよ。」
ふぅ「いいえ、もっとスピードが出せるようになったらいいな、と思って。」

初めて自転車屋でバーエンドをつけてもらったとき、その効果を実感できなかったので、間もなく後、上の写真の角度にスポーク瀬谷店で変えてもらったのでした。
だから、のんびり走るときに手を載せるために使うくらいで使用頻度も低く、激坂を上るときにバーエンドを掴むことなど皆無でした。
工具はあります。携帯用工具はそろっています。昼休み、それでバーエンドを付け替えてくれました。

(2)ブレーキシュー
ブレーキシューがリムに当たりすぎていて、タイヤの回転も悪いし、リムもかなり傷ついている。

(3)サドルが低すぎる、ハンドルの位置が高すぎる
夕方、「自転車にまたいでみて、高さ見てあげるから。」とシンヤさん。
シンヤさんとTさんが自転車を押さえてくれて、私はサドルに座ってみました。
「ほら、やっぱり低いよ。」
「そうなんですか?私、これで目いっぱいだと思ってましたけど。」
「あと、2cmは上げられるよ。」
「ハンドルの位置も下げて、もっと前傾姿勢になった方が絶対楽だよ。」

シンヤさんのおかげで、アビオス君がもっと活躍できそう。
新しい自転車を買おうかと考え始めていたときだったのですが、もう少しアビオス君と共に楽しめそう、と嬉しくなってきました。
あの自転車で100kmも走るんじゃ、私がかわいそうだって。修行じゃないんだから、て。
コンポーネントをうまく組み合わせていけば、もっと乗りやすい(疲れにくい)自転車になると。
他にも自転車の上手な買い方だとかいろいろアドバイスをもらいました。
コンサルタント料は、シンヤさんが作成した申告書の検算をするという役務の提供で支払いました(笑)。

私がママチャリで100km以上走ったという話には興味も示さなかったシンヤさん、アビオスに買い替えたら、いくらだった?とか関心を見せてくれて、大磯の井上蒲鉾屋のさつま揚げがおいしいからサイクリングの途中に買えるよ、などの情報もくれるようになりました。

帰り道
帰り、青葉台幼稚園前からしらとり台前の上り坂、バーエンドを掴んで走ったら、なんて楽なんでしょう!
今朝迷子になりかけた道を、帰りに確認のため通りました。
これはいい。車も少ないし、ほとんど坂がなく、往きも帰りも楽です。
町谷原までの上り坂も、バーエンドを持って上ったら、なんて楽勝なの!?

スポーク瀬谷店より、町田のモンベルが近いし、あそこのスタッフは質が高いから、モンベルで見てもらうといいと言われ、早速、帰りに寄りました。

後輪の回りが悪いのは、ブレーキシューがかなり摩耗しているため。リムに悪影響を与えているが、ブレーキシューの交換だけで大丈夫。
前輪のブレーキシューがリムに当たるのは、ブレーキシューが摩耗しているせいもあるけれど、ホイールの軸がだいぶ摩耗しているためにブレているせいである。
これは、早めにホイールごと交換した方がいい。
ということで、前輪は、ブレーキシューとホイールとタイヤとチューブの交換。
費用を見積もってもらったら、工賃含めて18,000円弱。
今日は土曜日で混んでいるので、即日交換はできないと言うし、預けて帰るには電車の定期券を持って来なかったので、明日また出直すことにしました。

サドルとハンドルの位置を調整してもらいました。
便利な台がありまして、その場でサドルにまたがってペダルを回せるのです。
○さひ自転車や○ポーク瀬谷店では見たことがありません。
それらのお店でサドル位置の調整をしたときは、外の駐車場を走ったり歩道を走ったりして試行錯誤して本人の感想を聞きながら調整していましたが、モンベルではその台のおかげで、こいでいるときの姿勢をその場でスタッフが確認できるし、本人もその場で感想が言えるので、とても的確な調整ができます。
バーエンドも微調整してくれました。
その違いは私には実感できませんでしたけど、その微妙な差が乗り心地などに大きく差が出るのだと言います。

今まで、私は、サドルを思いっきり前に下げていました。前を上げると股が擦れると思っていたから。
でも、サドルの高さやハンドルと体の位置関係が適切なら、股が擦れないのだとわかりました。

ハンドルは、シンヤさんが言ったように低くするのはロードバイクなどの仕様には合うが、アビオスには向かないので、ハンドルの位置は逆にもっと高くするくらいの方がいいということです。
バーエンドとハンドルの微調整は、私にはその違いがよくわかりませんでした。

モンベルの帰り道、境川からつきみ野ヤマダ電機の裏に出る道にもきつい坂がありまして、ここでもやはり、バーエンドのおかげでかなり楽に上れました。

私が居ないときに私の自転車を観察されたようで、シンヤさんやTさんにブレーキシューが傷んでるとか、リムにも溝ができているとか、タイヤも摩耗しているとか言われたので、私も、アビオスは街乗り用にして、そろそろ私の走りに合った自転車を新しく買おうかと考えているところだと話したのですが、ハンドルやサドルの具合が良くなって、バーエンドも効果的に使えるようになったら、まだまだアビオス君で遠乗りも激坂上りもできるんじゃないか、て、ますますアビオス君が愛おしくなってきました。
つづきを表示
© ふぅのひとりごと & ネタ帳. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG