♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
再会
大学のクラスメートとしてで出会い、背格好も似ていて、同じ射手座の血液型も同じO型。
ふたりとも子どもの頃から褒められて育ち、褒められるのが好きで、性格も似ていてウマがあうと思っていました。
大学を卒業して子育てが終わってからも年に一、二度は会っていたように思います。気が置けず何でも話せて言い合える親友でした。ただ、つきあえばつきあうほど、育った環境、長女と末っ子、子育ての考え方、夫婦のあり方、元もとの性格の違いがよく見えてきたけれど、それはそれでほぼ正反対の性格がうまく引き合っているのだとも思っていました。私の中では無二の親友という存在でした。
つづきを表示
page top
風邪との闘い
木曜日から風邪をひいたので、一生懸命寝て薬を飲んで、朝方4時半に飲んだ薬が効いたのか金曜日の朝には吐き気もおさまり頭痛もやや引いたので、出勤しました、ていうか午前、午後と仕事のアポがあり、夜は6年ぶりに友人と再会するという約束があったので休めないのです。

つづきを表示
page top
勝美さん
昨日で退職された勝美さん。当社に32年勤続62歳。
寂しくなります。
仕事の上では、課も違い席も離れていてあまりからみはありませんでしたが、昔カラオケに行ったときは、ハスキーで伸びのある声に聞き惚れたものです。
事務所で一番古いスタッフで、事務所の変遷をよく知る生き字引のような人でした。
つづきを表示
page top
ふくらむ思い
紅葉を楽しみながらサイクリングしたかった。
芦ノ湖サイクリングを楽しみにしていました。
足が治ったら、走りたい、ビリーズブートキャンプしたい、バスケがしたい等等、怪我の回復を心待ちにしていました。

でも日を追うごとにその期待は裏切られていきます。
でもね、目に浮かぶのは、治った後、やりたくてしょうがなかったことを思う存分満喫している自分の姿です。

青空の下富士山に向かってサイクリングロードを駆け抜け、長い坂道をエッチラオッチラ足を地に着けずに上り尽くし、ハッハッハッハッとリズミカルにジョギングし、ビリーのDVDを見ながらヤーと足を蹴り上げたり跳びはねたり、バスケのカットイン、ロングシュート、速攻の出だしでコートセンターに走りこむ自分の姿が目に浮かびます。
好きなことをしているのが嬉しくてたまらず、叫びたいくらいの自分が居ます。

自分の年も忘れて・・・
page top
エレベーター
足を怪我してからエレベーターを利用しています。
乗る度に自分に弁解。「いいの。怪我を早く治すためなのだから。」

若い子が乗ってくると、怪我でもしてるの?と見てしまいます。
茶髪で耳にピアスしてマスクは甘いが目に覇気が無く、立ち姿勢もダラッとしている若者を見ていると、階段使って鍛えればいいのに・・・でも、若い人は鍛えなくてもすぐ走れるのかなあ、私なんか急に走ったら足を痛めそうだから日頃から鍛えてないと不安に思うけど。などと思っています。

年配者が多くエレベーターがいっぱいになりそうなときは、つい引いてしまいます。次のエレベーターを待つか階段を昇るかします。
また、エレベーターの前で並んでいる人達がふくよかな人ばかりだったときは、「だから、太るんだよ。」と心の中で思い、私がその中のひとりだったときは、いたたまれない思いでした。

足がまだ当分治らないとわかったときも、整形外科の先生に「普段は階段が好きな人間がエレベーターを使うのも辛いものがあります。」と言ったら、「そうですね。その気持ちわかります。でもそのくらい大事にしてください、今は。」と言ってくれました。
私がその先生を気に入っているのは、そういった応対の言葉がいつも誠実で、こちらの半分まじめ半分冗談の発言にもにこやかに(冗談を受け止めつつ)まじめに答えてくださることです。

これで、まだしばらくは心置きなくエレベーターが使えるかな?
page top
添え木生活続行&芦ノ湖サイクリングはあきらめ
先週の金曜日に添え木が割れてから、割れたまま使っていましたが、いよいよボロくなり、やっと行く時間を見つけて、しんどいながら風邪で早退した木曜日の帰りに整形外科に寄りました。
内科は木曜休診なので市販の薬で済ませました。

レントゲン写真を見る先生の浮かぬ顔。
「やはり、負担がかかっているんですねぇ。」
案の定、骨は再生していますがまだ完全につながっていません。
私は、痛みより腫れが引かないのが気になっていましたが、先生がおっしゃるには、その逆で、腫れは骨の再生の仕方によってはしばらく残ることもあり気にする必要はないが、痛みが残っている方が良くないということです。
「まだしばらくかかりますね。」
「2週間後(芦ノ湖サイクリング!)も無理ですか?」
「そうですね。年内は跳んだり撥ねたりすることは諦めてください。骨がつながった後の周りの筋肉の力が戻る時間も含めて。」

ほとんど痛さを忘れつつ気を付けて歩いているつもりでも、やはりいつもより長い距離を歩いた日とか、仕事でノートパソコン(何キロあるんだろ?3kgくらいだと思うけど)と資料を持って数分先の駐車場まで歩いた日は、あとで痛みを感じます。
あと、せっかちな私は、ゆっくり歩き始めても、ついつい一生懸命歩く癖があるような気がします。

でも、この前主人にうぇ~んと泣きついたときほどの落胆はなく、諦めの境地でした。
決して若くないけど、50代、60代でサイクリングしている人も居るのだから、私にもまだまだサイクリングのチャンスはいくらでも
あるさ、と言い聞かせています。
来年の元旦マラソンも無理ですね。(走るのに)しんどい思いしなくてホッとした気分と残念な気分の両方あります。

問題は、サイクリングに代わる情熱を何に傾けるか、です。
DSの鬼になりかけてますが、目も疲れやすいから・・・。
© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG