♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
ダジャレ
今日、事務所の別室で、Hさんと一緒に書類の仕分けをしているとき、年齢のことで話が盛り上がっていました。
「私達って、まだ若いのね~。」
すると、そこを通りかかったSさん。
「年齢が話題になること自体が若くない証拠ですよ。」
Hさん「また、そんなこと。いったい何しに来たんですか?」
私「茶々入れに来たのよ。『茶々入れるくらいならお茶を入れてくださいよ。』ってね。」
Hさん「・・・」
私「今の、ウマイと思わない?」(自分のダジャレを自画自賛する傾向あり)
Hさん「さぶ(=寒い)。」
私「そ~ぉ?ウマイと思うけどなあ。よし、ネタ帳に入れよっと。」
page top
バンザーイ\(^o^)/
行って来ました、整形外科。
診察室に入ると、いつも先生はレントゲン写真を見ながら必ず最初に聞きます。
「いかがですか?」
今日の私、「かなりいい感じです。」そしてまた、先生のいつもと同じセリフ。「そうでしょう。」
今までは「まだ痛みがあります。」でその答えでした。
「もう、骨はちゃんとつながっています。」
「そうですか。今度の日曜日箱根に行くので、今日の状態をうかがってからプランを決めるつもりでいたのですが。」
「そうですか。散策はまだあまり長いのはやめてください。」
「時間にしてどのくらいですか?」
「せいぜい15分くらいですね。」
「じゃあ、移動時間だけですね。」
「そうですね。まだ山道は良くないでしょう。今無理すると筋やじん帯を痛める恐れがありますから。今度の旅行はゆっくり温泉に浸かって癒しの旅にしてください。年が明ければお好きなスポーツもできるようになりますから。」
「わかりました。ハイヒールもまだ無理ですね?歩くときの蹴り返しは気にせず歩いても大丈夫ですか?」
「ハイヒールは指先に負担がかかりますから、まだ我慢してください。蹴り返しは大丈夫です。気にせず普通に歩いていただいて。」

嬉しくって、帰り道、青信号が点滅している交差点を小走りに渡って、階段を昇って駅のホームに上がりました。
自宅の最寄りの駅の改札を出たときは、少し痛みが走ったので、まだ調子に乗っちゃいけないなと思いました。
© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG