♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
同居の苦労
今日、顧問先に行ったら舅と娘婿のいさかいの愚痴をお舅さんから聞かされました。
とても穏やかな人柄で怒るなんて想像もつかないようなおじいちゃんですが、最近定年退職した婿が家に居るようになってからぶつかることが多いみたいです。
あんまりそのストレスがたまって頭に血が上って頭がおかしくなったから、病院に行ったけど、どこも悪くないと言われたそうな。
そんな話を事務所に戻ってから「定年退職した旦那さんと居るのが嫌で熟年夫婦が不仲になる話はよく聞くけど、舅と娘婿も大変なのね。」と話したら、親と同居している人達は口をそろえて、ずっと家に居なくたって大変だと、苦労話をいっぱいしてくれました。
ひとりは、家を建ててその家に奥さんの母親を同居させている男性。
もうひとりは女性で、自分たちの家を彼女の実家の隣りに建てたけど、婿さんも養子縁組して実家で一緒に暮らしている。
二人が言うには、余計な口出すな、ということです。おとなしく隠居しろと。
男性曰く、「料理が下手なんだから俺たちの分まで食事を作るな。」「好き勝手に遊んでいればいいんだ。」「若い子向きのドラマを一緒に見るのはいいけど、『この人誰だっけ?』とかうるさい。見たいのなら自分の部屋でひとりで見ろ。」
女性曰く、娘を叱っていると親がそれについて事情も知らないくせに口を出す。
茶碗の洗い方も汚いのに洗うから洗って欲しくない。

同居していると色々なことあるよね。
同居したことのない私は、話を聞きながらもっと親を尊重してあげればいいのに、て思うけど、経験がなくて同居の苦労を知らない者が何を言っても説得力ないよね。
親の洗った茶碗が汚ければ、そっと洗い直せばいいじゃない?
親が作った料理が食べられないなら食べなくていい、奥さんが作ればいいじゃない?

それでもみんな、文句が言えるのも言い合える仲だからでしょうね。家族、て喧嘩しても一緒に暮らせるものでしょう?
page top
眼鏡
先月、札幌に出かける朝、家で眼鏡を落としたらフレームが壊れてしまいました。
旅行中はコンタクトレンズを使ったり、ひとつ前に買った眼鏡をかけたりしました。
でも、コンタクトレンズは近くが見えにくく仕事に向きません。眼鏡は遠くが見えにくく車の運転に向きません。
軽くて気に入っていたフレームだったので残念です。
旅行から戻って、フレームを替えついでに、レンズも換えました。
良く見える~ようになりました。
こわれたフレーム

新しい眼鏡
© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG