♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
2008/11/29(土)今日は山中湖に行くゾーっ。
「勝手に青葉ブルベ200・・・ナンチャッテ青葉ブルベ200」計画をしていたら、
山中湖が見えてきました。
大垂水峠もいつか行ってみたいと思っていました。

ノールさんの最近の記事の今年度暫定激坂ランキングで、私の行った相模野CCは4位、和田峠は9位、ヤビツ峠は11位で、まだ見ぬ大垂水峠はラインキング外でした。
会社のサイクリストSiさんの「ヤビツ行けたら大垂水なんてどうってことないよ。」の言葉にも勇気を得て、大垂水峠経由で山中湖へ行くことにしました。
昨年の12月ダーリンと山中湖までドライブしたとき(ブログ記事2007年12月16日「山中湖へチャリナビでドライブ」参照)、チャリで道志みちを走るのは諦めたはずでした。
でも、あの頃のママチャリと違って、今はアビオスですから。


つづきを表示
page top
心の美しさで勝てますか?
来月から、女性の新人が出社します。
面接に来たとき彼女を見た人たちは、きれいな人だとうわさしています。
男性たちも浮き足立っちゃってます。
Hさん「顔の美しさで負けても心の美しさで勝負しましょうね~。」
Fさん(お局的年齢)「いや、心の中はもっと汚いかも。」
Hさん&Fさん「どす黒い、ってか~っ?」アハハハハハ
男性が優しくする分いじめちゃうかもねー。

てなわけないでしょ。
page top
緑区の花、て何か知ってる?
昨日、仕事で緑区役所に行きました。
階段の踊り場(3階までなら階段を昇るふぅです)の壁に緑区の木=カエデ、緑区の花=シランと書かれていました。

ムフフ、これをネタにしないふぅではありません。

事務所に戻ると・・・
ケース1
ふぅ「緑区の花、て何か知ってる?」
Tさん「知らない。」
ふぅ「関西弁で言うと?」
Tさん「知らん。」
ふぅ「正解。」

これは、予想通りの展開でした。
このネタは、関東に不向きだと思いつつ。

ケース2
ふぅ「緑区の花、て何か知ってる?」
Tabさん「あー、区役所で見たんですよ。何だったかなあ。・・・あ、そうだ、シラン!」
ふぅ「知ってるじゃない。」

これは、知っている場合の展開パターン。Tabさんに無理やり答えを誘導したあとの結果でしたので、ここではその会話をかなりアレンジしております。

ケース3
ふぅ「緑区の花、て何か知ってる?」
Hさん「えー、わかんない。」
ふぅ「『知ってる?』て聞いてるのに、なんでそう答えるかなあ。」
Hさん「知らない。」
ふぅ「関西弁で言うと?」
Hさん「関西弁、わかんない、秋田弁なら知ってるけど。」
ふぅ「秋田弁で言ってみて。」
Hさん「知らね。」
ふぅ「だめだこりゃ。」

家でなら使えるかと思い、家でも聞いてみました。
母「緑区の花、て何か知ってる?」
娘「ううん。」
母「あ、そ。」
もうええわ。
© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG