♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
2009/11/17(火)反省
みなさん、ご心配ありがとうございます。

今回は、一歩間違えば遭難もしかねないような目にあい、大反省です。
そもそも、丹沢湖ビジターセンター横の秦野峠林道起点の標識のそばにあるこの地図を見間違えたのが大きな間違いでした。
15:23
秦野峠林道起点
この緑のライン!
これを道と思ってしまったのがいけない!

16:35
秦野峠林道 まだ半分もいかない
下の緑のラインを走っていたつもりが、なんと、このぐにゃぐにゃ道。増してや、1時間以上走ってまだこんな所!
ここまでの斜度の標識は、14%3回、13%3回、12.5%1回、11.9%1回。押し歩きせず上って来ましたが、もういや。
この先しばらく下るのですが、また上り。もう斜度なんかどうでもいい。

17:00
虫沢林道に行っちゃだめ!
この地図を見なければ、そのまま舗装道路を進んでいたかもしれません。
でも、舗装道路の先には上り坂が見えます。
もう上るのいやだ。
緑のラインが道だと大きな思い違いをしていましたから、早く下りて、広い道に出たい、と虫沢林道に入ってしまいました。
この道は、金時山林道を思わせるような悪路でした。
でも、左手に街の灯りが見えたとき、希望を胸に更に下ったら・・・なんと行き止まり!!!

泣きたいとか、誰かに助けを求めるとか、そんな甘ったれられる状況ではありません。
明日は仕事。仮に助けを求めたところで、大ごとになります。
虫沢林道に入ってからは迷うような分岐はなかったから、とにかく、さっきの舗装道路にもどるしかない。
泣いたって、気持ちがくじけるだけです。
だから、無心になって、ただ、すべる砂利道も、長く暗い上りも押し歩き、強い風でざわざわ鳴るすすきの不気味さも、熊か何か動物が出るかもしれないという不安も振り払い、やっぱりサイクリングについて考え直す時期かなあ、と思ってみたりしながら、今は余計なことは考えず、とにかく辛抱するしかない、と堪えました。
暗いから途方に暮れそうですが、時計を見ればまだ5時半。
今日中には帰れる、と思ったら気が楽になりました。

分岐点に戻ったのは18時21分でした。1時間半近く、無駄にしたわけです。

舗装道路に戻ったら、上ったのはほんの少し、あとはずっと下り。
こんなんだったら、虫沢林道に入らなければ、全然苦労はなかったのに、なんて思ってもあとの祭り。

下りだけど、真っ暗でカーブが多いので、気を抜けません。
ガードレールの暗闇に浮かぶ白い色と自転車のライトのみが頼りです。下手すればがけに突っ込んで遭難です。

ゲート!閉まっています!でも、突き抜けるしかありません。
50cmもないような右側の隙間を、自転車を持ち上げて通り抜けます。

しばらく行って、やっと人家の明かりが見えてホッとします。
冷えた足が痛いので、レッグウォーマーを穿いてまた走り出します。

しかしその先も、まだまだ上りがあり、車の通りも少なく、長く暗い道のりでした。
やっとR246に入りましたが、休むのも惜しんで進みます。
ただ、善波トンネル手前の上り坂、こんなに長かったっけ?と思いながら。

もうだめだ、足が痛い、お腹すいた、家まで持たないと善波峠の先のココス(伊勢原店)に入って休憩。
もう、ぐったり。1時間近く休んだかもしれません。
もう、走りたくない。でも、帰らなければ。
まだ疲れが取れた気がしませんが、お店を出ます。
お、休んだおかげで、意外と元気が復活。
あとは、先ほどまでの気分とはまるで変わって元気に帰りました。

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG