FC2ブログ
                     ♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
頑丈で良かった。
びっくりしました。
もう少しでひったくりに遭うところでした。
夜、考え事をしながらションボリ歩いていた時のことです。
道路の右側を歩き、バッグを左手に持っていました。
突然、左手の後ろから手が出てきて、私のバッグを奪い取ろうとする者が・・・。
フルフェイスヘルメットをかぶりバイクに乗った男でした。
私は、思わずとんでもない悲鳴をあげながら、その手はバッグの持ち手をぐっと握り締め手を放しませんでした。
バッグを取りそこなった男は2mほど先で止まって振り向きました。
私も止まって、思わず「何すんのよっ!」と言いそうになりましたが、暴力をふるわれると怖いと思い、黙ったままです。
男は、あきらめたように走って行きました。
走る後姿を見て、ナンバーを見れば良かったと思ったときは、数メートル先の角を左折してバイクは見えなくなりました。
見えたところで、被害もなかったからどうせ警察に届けても相手にはしてもらえないでしょうし。

あー、私に力があって良かった。
ひったくりにあって手を放さず、そのままバイクにひきずられたという被害にあった女性のニュースを聞いたことがありますが、今日は男が手を放さなければ男がバイクから落ちてひっくりかえっていたでしょう。

教訓
バッグは道路と反対側に持ちましょう。

本当に恐ろしい時、てキャーッなんて鋭い声は出ないものです。
夢にうなされて自分の悲鳴で目が覚めたときと同じで、ひゃーっ、という悲鳴でした。
スポンサーサイト
© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG