♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
正月
元日
初日の出、富士山拝みサイクリングの後、自宅でブログ更新、その他なんだかんだして、午後一時頃家を出て実家に向かいます。もちろん晴れたらで。
う~、腰がかなり疲れています。
足は元気ですが、腰がパンパンです。
境川も、こんなにゆっくり走ったことがあるだろうかというくらいでゆっくりです。
前傾姿勢がつらいので、エンドバーを持って、腰をまっすぐ立てます。
痛くて走れないのではなく、これ以上無理したら腰がやられる、そんな感じです。

実家に着いてからは、初詣に行った人たちが三々五々戻って来て、女性の手は余る程で、皆で協力しあって宴の準備。
準備中、料理の香りに勝るほどの芳香剤の匂いがします。
みんなで、何のにおい?どこから?トイレ?て騒いでいたとき、
「この芳香(ほうこう)剤のにおいはどの方向(ほうこう)から?」なんてバカなことを言うのは誰でしょう?
一同・・・シーン
「すみません。成長がなくて。だから40歳なんて言われちゃうのよね(50歳過ぎてるのに)。」(補足:半分、若く見られたのよ、と自慢気)
答え・・・ふぅでした。

総勢11名。
じっちゃん、ばっちゃん、長兄夫婦とその娘、次兄夫婦とその息子と娘、私と娘(次女けぇ。)。
私の長女は、夕べ実家に泊まったそうですが、私は会えませんでした。

夕方5時50分頃開始。
料理は刺身やらお嫁さん二人と私の手作り。盛り付けなどは若い娘たちも加わって。
今年もおいしくいただきました。
途中から片付ける人、部屋に残る人・・・
ダイニングキッチンでは次兄のお嫁さん(このブログにたま~に書き込んでくれるさくらさん)を中心に若者たちが片づけしながらおしゃべり。
部屋には父を中心に中年達が雑談。
次兄のガッツギターで長兄、次兄、私が代わる代わる演奏。
私の流し伴奏で(簡単で知っている歌ならアドリブで伴奏できる)、父の「影を慕いて」、父が小学校唱歌ならなんでも歌えるというのでギター伴奏付きで「ふるさと」「菜の花畑」「荒城の月」などをハモったり、フォークソングの定番「真夜中のギター」「ドナドナドナ」をハモったり。
何年振りかで弾くギターでも、そこそこ弾けるもんだ。

台所が片付きひと段落したところで、若者たちはカラオケに行くというので、さくらさん、長兄のお嫁さん(鳳城朋美)、私も加わり、7人がけぇ。の車と自転車3台に分乗して大船のU-STYLEへ。

フリータイムですが、翌日帰る人も居るので9時から4時間。
最後に鳳城朋美の「こころの輪」で締めて帰ります。
さくらさんとその子供たちは自宅へ、あとは実家に戻ります。
つづきを表示
© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG