♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
後悔
捨てすぎました。
父のネクタイとズボンのベルト。
そういう物こそ形見分けに残す物だ、て兄達に言われて、なんでもかんでも袋に詰めてしまったことを後悔しています。
袋に詰めている時、捨てるのを躊躇したものもありましたが、心の中にはいつまでも父がいると思ったので、感傷的に残すことを切り捨てました。
でも、衣類以外の物は、父の思い出ゾーンを設けて残しています。

やはり、実家の様子は変わっていました。
捨てるはずの物が袋から出されている。
寄付用に分けておいた衣類が燃えるごみとして捨てられている。
のんちゃんが何もかも捨てようとしている。
母の矛盾した言動から、自宅から戻って来た長兄と次兄のお嫁さんと私の連携はくずれてしまいました。

兄は、母が捨てる気もない物をなんで私があわてて捨てようとしているのかと思ったと言います。
母が捨てていいと言った物なのに。

母は、毎日「のんちゃん今度いつ来るの?」と言ったり、「のんちゃん、て誰?」と言ったりしているそうです。
案の定、私の愚痴(以上のものだと兄は言いました)を兄にこぼしているみたいです。
私には兄の愚痴をこぼし。困ったもんだ。

兄は重度のアレルギー症でした。
母の普段使わない物でも、捨て難い物は、2階に置いておけばいいのに、と私は思っていたのに、どんどん2階から下ろされて、兄の空間ばかりが広がって行きます。
次兄や私の学生時代の教科書などもいらないなら処分して、と言います。
私は、自宅に置き場所がないから置かせてもらっている、母の物も、2階に置いたっていいじゃないかと不満をぶつけました。
すると、兄はアレルギー症なので埃を吸うだけで気分が悪くなるのだと言います。

いろんな事情がこれからも出てくるでしょう。
でも、これからは、母と同居してくれる長兄のいいように任せるしかないのだろうと思います。
© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG