♪ふぅのひとりごとと、日常の会話の中でウケた話をネタとして記録しています。ネタ、ウケたら拍手をお願いします。
page top
息子と娘
先週の連休中、母と過ごして、やっぱり母親には息子より娘の方がいいんだろうなあ、と思いました。
兄も几帳面な人ですが、やはり女性とは見るところが違うのです。
兄は整理整頓は得意ですが、掃除が好きでないことは先週わかったし、兄も認めるところです。
俺は掃除も雑巾がけも好きじゃないから、おふくろに掃除してもらってる、と言いましたが、母は掃除機が嫌いで箒で掃くかモップで拭くだけで、目も良くないからよく見えていないのだと思います。
兄も、埃が目につかないようです。目はいいのですが。
母の鼻の下の産毛も、私は気になって顔そり用のカミソリを買い、母に自分で剃ってもらいました。
出かけるときも、髪に櫛を通す、ということに気を配るのは女性の方ができるかもしれません。

それから、兄の性格もあるかもしれません。
とても優しい人ですが、まだ若い頃のまんまの真っ直ぐな感じがします。
受け入れる、というか、自分を変える、ということが得意ではなさそうです。
もう何か月も暮らしているのだから、もっと母を理解して受け入れてくれても良さそうに思うのですが、あんまりしつこく同じこと言われるとイライラしてこっちの気が変になりそうだ、などと言います。
同じこと聞かれたら、何度も同じことを答えればいいじゃない、とは言ったものの、さすがに限界はあると、私も先週実感してはいるのですが。
また、兄は「俺も年取って来てるからな。」と言います。体は元気だけど、頭がだいぶ老化してるのを感じる、と言います。
それは年のせいなのか・・・。

時々実家に行くと、兄が母に物を言う口調が強いときがあるので気になっていました。
かと思えば猫なで声のように優しかったり。

兄は、自分を変える方法ではなく、2階に上がって一人になることで母との暮らしをコントロールしているようです。

できれば、私が一緒に住んであげた方がいいんだろうなあ、と先週は思いました。
昔は、母と実の娘が同居したら、お互いに甘えが出て喧嘩してしまうと思っていた私ですが、今の私なら年齢と人生経験を重ねてきたので、受け入れることも自分を変えることも得意技になっています。
だから、一緒に暮らそうと思えば暮らせると思います。
でも、まだもう少し待ってほしいのです。
まだ若いから・・・。
もっと働きたい、もっと・・・。

話は変わって・・・
今日実家に着くと、母が庭から南天の花を採って来て、花瓶に挿していました。
自分の家で自分の好きなように生活する。
やはり、年を取っても、昔から住み慣れた自分の家で暮らすのが一番幸せだろうなあ、とつくづく思います。
老人ホームでは、転倒の危険性や行方不明の心配などから、お年寄りが勝手に外に出ることもできません。
自分の家の庭で転んでもしものことがあっても、それがその人の寿命、もし生きながらえて寝たきりになったとしても、それが運命だと言えると私は思うのです。
本人が望んで老人ホームに入るのはいいけれど、子供がいるならやはり自分の家でずっと暮らせるようにしてあげるのがいいだろうと思います。
今日に限らず、そういうことはしょっちゅう感じます。
少なくとも、安全と薬に守られて長生きして、生きていることが体力的につらく、生きる希望も楽しみもないまま長生きするよりは、毎日笑って生きることの方が本人は幸せなのではないかと。
どちらにも、メリット、デメリットがあるので、それぞれの家庭の事情などから、一概にどちらがいいとも言えませんが。
私としては、兄が自分の家族と離れてでも母と一緒に暮らしてくれていることに、本当に感謝しています。

ありゃ、今日は、明日早番だからとコナミのバスケに行くのをやめて早く寝ようと思ったのに、もうすぐ日が変わってしまいます。
寝なくちゃ。
おやすみなさい。
スポンサーサイト
page top
デイサービス施設の見学
今日は公休。
母が週に1回通っている地域ケアプラザは、つまらないらしい。
今日は何をしてきたの?と兄が聞くと「ただボーッとしてた。」と答えたり、出かける朝になって行きたくないと言ったりしていたと。
本人が直接ケアマネージャーにも楽しくないと言ったらしい。
兄は男のせいかあまり言いませんでしたが、今日聞けば、何度もしつこいくらいに母は行きたくないと言っていたそうです。
じゃあ、行くのをやめるか?と聞けば、行くと。
先日、ケアマネージャーから、母に合いそうな所が見つかったと連絡が入りました。てっきり兄も承知の話かと思っていましたが、ケアマネージャーが、母から直接不満を聞いて探してくれたようです。

今日、その通所介護施設の見学に、母と兄と3人で行って来ました。
2時にうかがって1時間ほど見学し、実家に戻ったあと、私は4時半頃実家を出て自宅に帰りました。

私は、実習などで数ヶ所の介護施設を見ていますが、今日の所は一番印象が良かったです。
建物は、民家を改造したもので、外観からはそういう施設だとわかりません。
屋内の段差は、運動機能維持のために敢えて残し、段差がわかるように床の色を変えています。
まず、建物の雰囲気から、温かみを感じました。
母に合いそうだという理由は、お出かけイベントが時々あるからのようです。
私がいいと感じたのは、スタッフです。
スタッフ同士の関係が良さそうに見えたのと、スタッフの人数が多いのでスタッフに余裕を感じました。
私の職場のスタッフもよくやっていますが、忙しすぎる。スタッフがピリピリしています。
仕事の量も多く内容も責任重大で、仕事をしていても、ナースコールが多く、その対応にも追われます。
かと言って、私が仕事をする場合、今日の施設を望むかと言うと、NO。
自分の仕事としては、休む暇もないくらい忙しい方が私には向いています。充実感が違うと思います。
私は、お金や楽ちんより、仕事をすることが好きなのです。

丁度体操の時間に入ったので、母も体験させてもらいました。
母は、体操は喜んでやります。楽しかったみたいです。

て、ここまで入力したら、兄から電話。
母が、今日の所は行きたくないと言っていると。
母に替わってもらって直接理由を聞くと、(民家だから)他人の家に行ったみたいで狭苦しくて嫌だと。
体操は好きだから楽しかったけど、今の所の方が講堂で体操しているからいいと。(地域ケアプラザだもんね。)
スタッフの対応も気に入らなかったらしい。ボケ老人扱いされた感があったみたいです。
兄曰く、母の本音は、家に子供たちが来てくれるのが一番うれしいんだと思う。次兄や私が遊びに行った時はとても明るいけど、デイサービスに行くときはいつも駄々をこねると。
家に居ても、ひとりで庭いじりや洗濯掃除もしているからボーッとはしていないと。
お兄ちゃんはそれでいいの?おかあさんも、毎日同じことしているよりも、時々違うことをして刺激を与えた方が、脳にはいいと思う、と私は言いました。
折り紙とか習字とか、お兄ちゃんにそういうお相手ができる?

母はひとりにしても大丈夫だと言います。逆に、デイサービスに行く日の方が、送迎の時間に合わせて家に居なければいけないので束縛されると。
毎回母の不平をしつこく聞かされるより、そういう相手をする方がまだましだとも。

話し合った結果、とりあえず、今年いっぱいは、今の所に行ってもらいましょう。
そして、まだ行きたくないようだったら、行くのをやめるという選択肢もあるね。
12月に、物忘れ外来で脳の検査等を受けるから、その診断結果を聞いてから判断してもいいかも。

母は、物忘れ病が重いだけ。私は、母の脳に刺激を与えて、少しでも物忘れ病を軽くしたいのです。

いいこと思いついた。
来年から、私が母のケアプランを作って、それを実行していく、ていうのはどう?
習字とか折り紙とか、編み物とか散歩とか、母が昔好きでやっていたことなど。
page top
疲れ
12月のシフトが出ました。
休日の翌日はたいてい早番です。
辛いのよね、それ、て。
会社のスタッフルームで「休み明けに早番、て辛いのよね。休みの日、て休んでないからね。遊び疲れてるから。」と言ったら、同僚に「そりゃ、Tさんは、自転車で遠乗りしたりバスケしたりするからでしょ。」て言われちゃいました。

それにしても、疲れがなかなか取れません。年のせいかなあ。
今日は夜勤明け翌日の公休。
休日出勤して、事務作業を2時間してきました。昨日の夜勤明け後では、眠くてできませんから。

この疲れは、先週の充実した4連休、23日は19時まで仕事のあと、元同僚と午前様まで飲んで、翌日二日酔いで日勤。仕事中もお腹おかしいし、気持ち悪いし、頭も痛くなってきた。
日曜日は夜勤。月曜日夜勤明け。一旦爆睡した後、夜中までビデオ鑑賞。今日は公休。
いっぱい寝たのに、あぁ、なんだか疲れが取れない。顔がむくんで顔の調子も悪い。
でも、仕事に出かけないといけない。のんびり起きたら、いけない、やることまだあった。
喪中葉書の作成と印刷。お年寄りの黒い靴下に名前を刺繍。

やることあると思ったら、また元気が出て来ました。
page top
東京だよ、おっかさん
今日は、リニューアルされた東京駅に行く予定をしていました。
天気が危ぶまれましたが、雨も止んだので、出かけることにします。

今日はまず、名古屋から横浜まで夜行バスに乗って朝5時43分大船駅着の電車で帰って来る長兄を車で迎えに行きました。
昨夜、テレビの特別番組を見た後にブログアップしたので寝るのが遅くなり、今朝起きるのが辛かったけれど、実家に戻った時は眠気も覚めて兄とおしゃべり。
兄がお風呂に入って、私は朝食の仕度。
母も起こして3人で食事。

兄は、やっぱり疲れたから東京駅は行かないと言うので、母とふたりで出かけることにしました。
10時半頃実家を出発し、大船までバス。
母用にsuicaを買いました。
11:05発東海道線に乗車。
シルバーシートに座ったけれど、戸塚で年配の方が乗って来たので席を譲ったため、私は眠ることはできませんでした。
新橋駅から一駅だけ、空いた席に母と離れて座りました。

丸の内南口で写真撮影。
HIMG1477.jpg
HIMG1479.jpg

丸ビルに入って、5階のベトナム料理のお店に行きましたが、昼時で長蛇の列だったので、先に皇居を歩くことにしました。
母が、折角ここまで来たのだから行ってみたいと。
1階に下りると、劇団四季のイベントにちなんだ物が展示されていました。
丸ビル
丸ビル
丸ビル
丸ビル
丸ビル

外に出ると、素晴らしいイチョウ並木を見ることができました。
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
母にシャッターを押してもらいました。上手に撮れたでしょうか?
皇居外苑
皇居外苑
噴水公園で母が座って休んでいる間にセルフ撮影。
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑

東京駅の外観もリニューアル
東京駅
東京駅
東京駅
東京駅
東京駅

さ、お昼ご飯を食べましょう。
今日は、フォー・ボーとやらを私が食べてみたかったのです。
パパイヤリーフ 丸の内ビル店
今度は並ばずに入ることができました。駅の見える席はいっぱいで、入り口近くのテーブルに案内されました。
お店のHPのメニューにはありませんが、フォー・ガーもしくはフォー・ボーを注文すると、ひき肉の載ったご飯と、グリーンサラダとデザートが付いて来ました。980円。
ベトナム麺、とても美味しかったです。

さ、食べたら早く帰りましょ。
私は実家に戻ったら、また自宅に帰らねばなりません。

今日は、母は、東京駅に行ったことは憶えていますが、何しに行ったのか忘れてしまったようです。
「今日は東京駅に何しに行ったんだっけ?」という問いに、何度も、新しくなった東京駅の見物よ、と答えました。

帰りは始発駅でしたので座ることができ、この時とばかり、私は睡眠をむさぼりました。
あぁ、気持ち良かった。
大船駅からはタクシーで帰りました。

東京駅のお土産に、東京ばな奈とバームクーヘンを買い、大船駅で久しぶりに鳩サブレーを買って帰りました。
実家に戻ると、それらの一部を食べてコーヒーを飲み、4時過ぎ、実家を出ました。

このアップが終わったら、撮りためた録画番組を見ます。
page top
11/21「大崎公園~披露山公園から富士山! with ふぅ3号」ダイジェスト
10時半頃実家を出発14時49分実家に帰還。
走行距離:27.7km(キョリ測による)
サイコン、速度は表示されるのですが、距離や時間が動きませんでした。

6時半頃起床。
今日は、母のデイサービスの日。
洗濯してから、朝ご飯を食べました。
食事のとき、母が「昨日はとってもいい所へ行ったわね。」と言ったのでホッとしました。
「何て言う所か忘れたけど、とても楽しかった。」とも。
デイサービスから戻って来ると、「昨日いい所へ出掛けた話を、嬉しくて隣りの席の人にしたかったけど、場所の名前がわからなかったから話せなかった。」と言ったので、母と箱根にドライブに行って良かったと思いました。
9時15分に、迎えに来た車に乗って行った母を見送った後、富士山を見たいから朝のうちに出掛けようと、掃除はさて置き、PCでルートの復習をしてからサイクリングに出掛けました。

と、ふぅ3号に乗ったら、サドルが後ろに傾いて、お尻が下がっちゃう。
こりゃだめだ、とスパナを使って調整。そして出発して少しすると、自分の重さでサドルがまた後ろに傾いていく。
絞め方が緩かったみたいです。
ポジショニングの合わない自転車ほど走りづらいものはありませんから、また戻って調整。高さも上げました。
今度はスパナを持って出かけます。結局道中は使いませんでしたが。

大崎公園
例の激坂、楽しみにしていたのですが、上ろうとしたら車体が軽すぎてウイリーしそうになったので無理はやめました。
脚力的には上れる、と確信したからです。上れないから足を着いたのなら悔しいですが、上れるけど安全のために足を着いたのだからいいんです。
でも、やっぱり乗ったまま上らないと面白くないので、そのあとの上り坂は、腕を思い切り曲げハンドルに顔を近付け、重心を前にして足をつかずに上りました。
押し歩きして上った激坂を下るときは、ブレーキがキーキー鳴ってうるさいほどで、後ろのタイヤが浮きそうで恐かったです。
大崎公園まで来ると、背中にジワッと汗。
ウインドブレーカーを脱ぎました。
大崎公園から見た富士山と江の島と小坪港
これが、スポーツ用度付き調光レンズ眼鏡。
ふぅ3号と富士山と江の島とふぅ

披露山公園
披露山公園の展望台から
披露山公園のマップ
披露山公園の石碑

ゆうき食堂
もうすぐ1時です。
お昼ご飯どうしようかな。
そうだ、ゆうき食堂に行ってみよう。平日なら混んでないでしょう。
あまりお腹空いてませんが。
ゆうき食堂
空いているテーブルはふたつほど。繁盛してます。
お店に入ると、わっ、メニューがいっぱい!何を頼んでいいかわかんない。
「おすすめは何ですか?」
「二点盛刺身定食がよく出ます。この中から選べます。」
ということで、ヒラメと地アジの刺身定食をオーダー。1,000円。
平日11:30~15:00土・日・祝日11:30~20:00営業火曜日定休
ひとりだからとカウンタに座ってくれと。
ごはんが丼に!そんなに食べられないよ~。
ゆうき食堂の二点盛刺身定食
ごはんは半分残しました。あぁ、お腹いっぱい。
半熟卵と佃煮はいらないし、ごはんももっと少なくしてもっと安ければいいな。
刺身は新鮮で切り身が大きくておいしかったです。

小坪港からも富士山と江の島を撮りましたが、定食を撮った時のマクロモードにしたまま撮ったので、鮮明には撮れていません。
小坪港から見た富士山と江の島

またゆうき食堂の前を通り過ぎると郵便局。
帰りに実家のそばの郵便局に寄るつもりでしたが、ここで用を済ませました。
さ、実家に帰りましょ。
帰り道、足が張って来ました。

コンビニで飲み物と甘いものを買いました。
実家に戻るとそれらで疲れを癒します。
そう、いささか疲労感を覚えました。

そうだ、明日兄が帰ってくるので、食材の買い出しに行かねば。
ちょっと疲れてますが、母がデイサービスから戻る前に行って来なければ。
車で大船駅の先のライフまで行きました。
駐車場代タダだし、道が簡単だし、渋滞しないから、ちょっと離れてるけど。

4時半過ぎに母帰宅。
作り置きの料理を3種類作り、夕飯を作って食事。

母は、昨日のドライブの楽しかった余韻が残っているようで、私も昨日と今日、大好きな富士山を満喫することができて、いい休日を過ごすことができました。

予定では、明日は東京駅見物ですが、どうやら雨予報。
雨が降ったらまた延期しようかな。
明日は早く自宅に帰って休みなさい、てことかもしれないから。

明日の朝は、兄が夜行バスで帰って来ます。
朝6時頃車で迎えに行きます。
だから、今日はもう寝ます。
おやすみなさい。また日付が変わってます。

page top
2012/11/20「母と元箱根までドライブ」
朝8時20分出発17時50分頃実家に戻る。

とてもいい天気。
R134に出て、大磯から国道1号を走って行きました。
箱根湯本からは、正月大学駅伝のコースの新東海道。

R134に出た時から、正面や右手に素晴らしい富士山!
これは、元箱根から初めて富士山が拝めそう。期待大です。

箱根に登る道は、気持ち悪さと闘いながら走った場所も、我慢できずに休んだ場所も、体調が快復した場所も鮮明に思い出しながら、よくもまあこんな道を自転車で上ったなあと、我ながら感嘆しきり。
(2010年9月19日(日)「国道1号上って芦ノ湖へ~初めての椿ライン~帰りは大渋滞」参照)
何度も何度も「すごい!こんな道を自転車で上ったなんて嘘みたい!」と言ってしまいます。
「ごめんね、今日は何度も同じことばかり言うかも。」と言うと、母は「大丈夫。さっき聞いたこと、もう忘れてるから。」と言いました。

11時頃、元箱根に到着。
車でも遠いような近いような。
車だとこんなに楽に来れるのに、なんでわざわざ自転車でしんどい思いをして来たかなあ、て思い。

見えました!最高の富士山!
元箱根から富士山!

元箱根から富士山を見たことないと思っていましたが、やっぱりあったような気がしてきました。
帰ってから過去のレポートを振り返りましたが、やっぱり見たという記事がありません。
やっぱり初めてかなあ?

少し早目の昼食で、母は大海老天丼、私は大海老そば。
大海老天丼
大海老そば

来た道を戻ります。
石仏群に寄ります。前にひとりで自転車で来たときは、時間がなかったのとひとりで見るのが怖くて寄りませんでしたから。
私が母を守る立場でしたが、それでもひとりよりは誰かと一緒の方が心丈夫でした。
六道地蔵
つい最近まで元気に歩けた母も、今は足の指の不具合と膝が弱って、あまり長くは歩けなくなっていました。

次は彫刻の森に寄ります。
母も来たことがあると言うし、私も二度来たことがありますが、紅葉を期待して寄りました。
でも、紅葉はあまり冴えませんでしたし、晴れすぎると写真も紅葉はきれいに撮れません。
広いので、何度も休みながら歩きました。

さて、あとは帰るだけ。
所々渋滞に遭いましたが、国道1号と国道134号を走って、ほとんど順調に走って帰ることができました。
往路で、西湘バイパスに入ろうか迷いましたが、入らずに進んだら、井上蒲鉾店の前を通ることができたので、おいしいさつま揚げを買うことができました。
次兄のところにもさつま揚げのお土産を購入。元箱根ではおまんじゅう、彫刻の森では駐車料金にくずすために激辛柿の種を買いました。

帰り道、「今日は楽しかったね。」と言ったら、「楽しかったの?どこへ行ったんだっけ?」と言われた時は、がっかりしました。
元箱根で食事していた時は、「この同じテーブルでお父さんと食事した。」とか、本当かな?と思うようなことを言ったりしていましたが、まだ普通でした。
でも、箱根湯本を過ぎた頃から、同じことを何度も繰り返し言ったり、「ここは○○?」と全然違う場所と勘違いしたりしていました。
疲れてくると頭の中も混乱するのでしょうか?

長兄が三重に帰った件についても、「あの人、私に何も言わずに行った。」とか、「家で他に誰か待ってるの?」とか言ったり、その他諸々おかしなことを繰り返し言うので、私も閉口しました。

帰宅後は、何度も「今日は何日?」と聞きます。その度に答えてはいましたが、本人も「何度聞いても今日が何日だかわからないの。」と半べそかいてました。
明日行くデイサービスも、疎外感か孤独感みたいなものを感じているらしく、愚痴をこぼしているのですが、昔今の土地に来て、近所の人と馴染めなかったこととオーバーラップしているような内容でした。
「(長兄に)なにか話しかけても知らん顔してる。」、「私が同じことばかり聞くから無視するの。」と言ったりするので、「お兄ちゃん、耳が遠いんだって。」と説明したりするのですが、わかってはいても、やはり同じことを何度も聞かれたり言われたりするしつこさはたまりません。
物の場所は変わるし、先日渡したお金もまた行方不明だし、ずっと一緒に居るとイライラしてきます。
でも、母がとてもかわいそうになりました。

明日のデイサービスに持って行く鞄の準備をしたりしていましたが、私の返事が生返事になってきたのを感じたのか「もう寝る。」と言って床に就きました。

私もビールを飲んで、疲れが出て眠くなりましたが、とりあえずこの記事だけ書いて寝ることにします。
車の運転も楽しかったです。

今日の詳細レポートは後日、番外編に掲載するつもりです。

明日は、母をデイサービスに見送った後、ふぅ3号で大崎公園からの富士山の眺めを求めて走って来たいと思っています。そして、母が帰る前に実家に戻らなければなりません。

では、おやすみなさい。

page top
4連休初日
今日から4連休。
実家に母ひとりなので、今日から私が実家に滞在します。
昨日夜勤明け。
まだ疲れが取れないのか、目は覚めてもなかなか起き上がれません。
10時頃やっと起きて、昼から出かけて、自宅に戻ったのは6時頃。
母に夕方6時頃着くと昼間電話したけど、無理です。
母に7時頃になると電話して家を出ました。

7時にも間に合わず、母から電話。
もうすぐ着きます。あと5分か10分くらいで。
良かった、母は私が来ることも覚えていて、私に電話することもできるんだ。
頭の中をのぞきたくなる。
わけわからない言動があるかと思えば、しっかりクリアなときもあるから。

夕飯待っててね、と言ったけど、先に食べたと言います。
遅くなったのでお弁当を買って行きました。
いらないと言ったけど、結局食べました。

母は、先日私が実家でお風呂に入った日以来入浴していません。
今日お風呂を洗って新しいお湯を入れました。
入りたくないと言ったけど、入れる日くらい入らなきゃだめと言って入ってもらいました。

私もお風呂に入る前に、掃除をしました。
扇風機もまだ出しっぱなしだったので、一台だけ分解して洗いました。
他の扇風機は、長兄が戻ってから暇に任せて片付けてもらいましょう。
でも、兄は、扇風機を片付けるという観念はないかもしれません。
お盆の提灯でさえ、しまうの面倒だから出しっぱなしじゃだめなの?て言ったくらいですから。

几帳面な兄だと思っていましたが、掃除に関してはあまりマメではないかもしれません。
座敷の障子の桟にも埃が溜まったままでした。

兄の部屋は掃除しているだろうと思って、掃除機をかけずに床をぞうきんがけしたら、結構汚れていました。
兄の部屋の掃除をしたのは、兄のパソコンを借りるためです。これも兄のパソコンで入力しています。

さあ、明日は母を乗せて箱根へドライブ。
何度も行っている元箱根ですが、まだそこからの富士山を見たことがないので、明日こそ見られることを楽しみにしています。
箱根の紅葉も楽しみたい。

では、おやすみなさい。
page top
3on3
6人。
いつものメンバーです。
40歳手前の男性Sさん。
彼も満身創痍で、同じバスケのチームメイトですが、試合に出られなくても、流れでユニフォームを作ったと言いました。
30代の彼だってオールコートで試合をするのはキツイと言ってるもの。
50歳過ぎた私が足が動かなくても仕方ないよね。
page top
長兄帰宅
長兄の孫が1歳の誕生日を迎えました。兄ももうすぐ誕生日です。
ふたりの誕生祝をしようと、兄の長女が言ったとかで、兄はの長女のいる名古屋へ寄り、そのあと三重の自宅に帰ることになりました。
私の休日に合わせて、今日の高速バスに乗って行き、一週間後、実家に戻ります。

昨日と今日、私は公休です。
昨日は倦怠感で何もする気がせず、ビデオを見て、やっと夕方遅く実家に向かいました。
一週間兄が実家を空けるので歓送会をやると言いながら、買い物に寄る時間もなくなり、夕食の材料も持たず実家へ。
幸い、兄が下ごしらえしたピーマンの肉詰めなどがあったので、私が7時前に到着後、兄が風呂に入っている間に、私が焼いたり、他に何品か簡単な料理を用意。
近所に住む次兄から「行ってもいいの?」と電話が入り、義理堅い次兄は、長兄の歓送会のために、仕事から帰宅後、実家に来てくれました。

ビールのあと、次兄が日本酒を冷やで飲み始めましたが、私は熱燗がいいからと電子レンジでお燗したら、時間設定を間違えて、沸騰させてしまいました。
飲んでみたら、お酒が抜けて、酸っぱい。飲めたもんじゃありません。「こりゃ、すっぱい(失敗)だ。」一同(笑)。
母がビールの入ったグラスにゆずポン酢を入れようとしたときは、二人の兄はあわててそれを制し、すると今度はビールをピーマンの肉詰めにかけようとする母を、またふたりは制します。

歓送の宴も終わると、明日も仕事の次兄は実家でお風呂に入り、帰って行きました。
私と母もお風呂に入り、そのあとまた熱燗を長兄と飲んで、0時過ぎに就寝。

今朝7時頃起きて、9時過ぎ、兄を大船駅まで車で送りました。兄は横浜から高速バスに乗ります。
一旦母と家に戻り、お店が開く時間になってから出直し、母のヘアカットをして、お花を買ってお墓に向かいました。
ふたりで父のお墓詣り。
とてもいい天気で富士山もきれいに見えました。
20121116_120605_20121117005316.jpg
20121116_120624_20121117005315.jpg
20121116_122821_20121117005313.jpg

お墓から戻って、ふたりで昼食。
ごはん食べたら、私、眠くてたまりません。まだ疲れが取れていないのでしょうか?
たまらず、昼寝。
母は、なにやらずっと動いていて、ガタガタと音がしています。
洗濯物を取り込んだり、雨戸を閉めたり・・・。
私は、その音で目が覚めても、体が動かず、まだ眠くて、何度も寝直し。
起きても、腰に電気が走り、今日のバスケ無理かなあ?と。
起きると・・・。
母は、兄がしばらく実家を離れることを忘れています。
「あの人、出かけたきり、まだ帰って来ないのよ。」
「どこに行ったの?」を何度も繰り返します。
母と夕飯食べて、明日の母の朝食を用意して、私は帰ることに。

足も腰もちょっと心配ですが、やはり汗を流さないと体の毒素が出せないような気がするし、動かないと体が鈍るような気がするので、できればバスケに行きたい。

実家を夜7時半頃出て、8時半前に家に着きました。
昼寝したおかげで、なんとかバスケには行けそうです。

明日とあさっては、次兄のお嫁さんのさくらさんに母のことをお願いし(兄は居ないらしい)、月曜日から私はまた4連休なので、実家に滞在します。
その間、母とドライブや東京駅見物など、楽しい計画があります。
page top
広告
人間て、自分本位な生き物だから、関心のない事には目が行かないけれど、自分に関係のあることはやたら目につくようになるものだと思います。

初めて妊娠したとき、それまで全然目に留まらなかった電柱の産婦人科の看板が目に入るようになったものです。
最近では、ついこの間まで全く開く気にもならなかったサイトをとうとうクリックしてしまいました。

中高年のお見合い相談・・・
同じ年の元同僚が集団見合いで出会った10歳年下の男性をゲットしたという話を聞いたり、毎月会員として会費を払っているという同僚がいたり、元同僚が熟年で再婚したり、友達に、老後は寂しいから結婚した方がいいよと言われたり、この年じゃ出会いのチャンスなんてなかなか無いよ、と言われたり・・・決定的なこととしては、最近急に寒くなって人肌恋しい季節になったなあ、と思ったら、自分のブログでも他人のブログでも、中高年のお見合いといったような広告がやたらと目につくようになってきたのです。
父も独り者の私を心配してこの世を去って行ったと姉から聞いたし、母も私がひとりであることを心配しているし・・・。

で、とりあえずどんなものかあるサイトで調べてみましたが、結論として、や~めた。
もう、そういうサイトをのぞくことはないでしょう。
page top
先週の金曜日、コナミのバスケに参加した翌日から、また足がおかしいです。
薬を飲み忘れていたせいかもしれません。
平地でもたまに躓くくらい、足が上がっていないみたいです。
夜寝て目が覚めた時、膝の違和感と、足のむくみ感があります。
起きている間もしかりです。
今日のつき中でのバスケも休むことにしました。

思えば、チームのユニフォームを作ると言う話が出た時、遊び程度でバスケを楽しむことはできても、試合に出るには体力的な自信が無かったのでどうしようかと思ったのですが、チーム立ち上げ時のメンバーとしての仲間意識から作ることにしました。
試合に出られなくても練習の時着られればいいと。
でも、体調がいいときは、オールコートでも走れるから、欲が出て来て、試合に出たいと思いました。
足さえ動けば、まだ若いもんには負けない、ていう自負もありましたから。技術的にも心肺能力も。
ところが、先日の練習試合に出た結果、全く足が動かずころんでばかりで無様だったので、自信がなくなりました。
コナミの3on3ではできないオールコートの速攻のイメージも湧いてそれを気持ち良く実践したいと思うのですが、実際には、気持ちとは裏腹に足が出ずに思うようにいきません。

20~30歳も私より若い人にはこんな私の気持ちはわからないでしょう。足が動かないせいでミスをした、なんていいわけにしか聞こえないでしょう。

やっぱり、いくら箱根を(ひとりで自転車で)越えた女でも、年には逆らえないこともあるのかもしれない。
これからは、試合の日は、オフィシャルメンバーとして協力しようかな、と思っています。試合を見たら出たくなるかもしれないけど。
page top
3on3
今日も5人~7人。
汗をかきました。
帰宅後、録画した番組を見ました。
テレビ東京の「世界なぜそこに日本人?」で世界で活躍する日本人の姿に興味が湧いて。
同じくテレビ東京の「たけしのミカタ」。最近乱れている日本語をテーマにした内容に興味が湧いて。
いかん、寝なくちゃ。
明日(もう今日ですが)は早番。
また睡眠時間が3時間を切ってしまいます。
おやすみなさい。
page top
湯沸かし器
キッチン流し用にガス湯沸かし器が欲しいと思ったのですが、工事費を含めて3万円以上かかります。
出せない金額ではありませんが、夏にもっと安い金額を見ていたので、今買う気になりません。
この冬、我慢してみようかな。
そう思って、今日コーナンまで行ってみましたが、買わずに帰って来ました。
電気ケトルですぐお湯も沸くから、それでなんとかまかなえないかしら?
時々ケチなふぅであります。
page top
疲れは数日後に
やっぱりね。
筋肉痛はあとからやってきます。

金曜日、コナミでバスケして、3時間の睡眠で早番出勤。
その夜、バスケの練習試合に出て、夜飲み会。
また睡眠2時間で早番出勤。
眠くて、体は疲れて、機敏に動けない。
帰宅後、できたはずの眼鏡を受け取りに行ったら、不具合があったとかでまだできあがっておらず、何度か入っていた電話に折り返し電話したけどつながらないままお店に行ったらそういうこと。
暫定的に眼鏡は用意されていましたが、急がないので後日また、ということにして、そのまま実家へ。

仕事帰りの鶴川駅そばの惣菜屋で買ったおかずを持参し、久し振りに母と兄と夕食を食べました。
餃子とヤキトリと鶏肉料理。あとはキャベツの千切りを切っただけ。
兄は風邪気味、私もさすがに疲れがたまっていたけれど、二人が寝た後もひとりで熱燗を飲みながらテレビを見て座ったままうたた寝。
夜中に起きてベッドで寝直し。

今日は雨予報。
兄は風邪気味だし、天気も悪そうだから、予定していたリニューアルされた東京駅の見物は中止。
私も、体がしんどい。

遅い朝ごはんは、昨日の残りのやきとりで、ヤキトリ丼。
ご飯の上に温めたやきとりを載せてふわふわ卵をかけるだけ。

灯油を買いたいけど、買う店がわからないと兄が言っていて、母も買い方を憶えておらず、私もよく知らない。
時々灯油を売る車が回って来て、灯油缶を外に出しておくと、入れて声をかけてくれて現金支払いだったような気もしますが、いつ回って来るのかわからない。
電気ストーブはありますが、兄は実家が寒くて風邪をひいたみたいです。
実家に車が無いので買いに行くこともできず。

というわけで、今日、私の車でひとりでガソリンスタンドへ灯油を20リットル缶3本を買いに行きました。
実家に戻る時、灯油売りの車とすれ違いました。近所の家の外に灯油缶が置かれていました。
今度灯油が無くなったら、月曜日に灯油缶を外に出しておけばいい、ということを覚えておきましょう。

在庫切れの食材もあるのでついでに食材のお買い物。
兄のパソコンのウイルスバスターもお試し期間が知らないうちに切れていたというので、ヤマダ電機で安いウイルスキラーを購入。
兄はインストールが面倒くさいと言うので、私がインストールして帰って来ました。

今日はいっぱいお役に立てて光栄です。

それにしても、今日は体中筋肉痛。
足もパンパンで、膝も曲げられません。
今日もつき中でバスケがありますが、やめておきましょう。
平地を歩いていてもつまづくくらい、足は固まってますから。
page top
つき中でバスケ
今日は、女子の練習試合です。
スタメンは、最近練習に参加しているメンバー。
私は、あまり練習に参加できていないので、途中でメンバーチェンジして出ました。
無様でした。
足が出ません。
ころんでばかりです。
試合も負けました。

自分のプレーうんぬんの前に、足が動かないんだもん、悔しいよ。

今日は、仕事は早番。
昨夜3時間ほどしか寝ていなくて、帰宅してから眠くて1時間ほど寝て出かけました。
試合前のシューティングでは結構シュート入っていたけど、ベンチにいる間に体が冷えてしまったみたいで、いざ試合に出たら、ひとりで勝手にころんでばかりいて、ビックリしました。
本当は、ボール運びする役目なのに、まともにボールも運べないの。
2点だけ得点したり、リヴァンドも取ったりしたけど、ほぼ何もできなかった。
ああ、情けなや。
ベンチに下げられたよ。悔しいよ。

試合のあとは、飲み会。
反省会というよりは、懇親会、て感じでした。
男子もオフィシャルとか審判とかベンチワークとか応援とか、ビデオ撮影とか、いっぱい手伝ってくれました。
男子もいいやつらばかり。
女子もいい子たちばかり。

女子は24歳から28歳。私だけとびぬけた年配者。
みんなの年を聞いて、「そう・・・。」
私の娘より若いのね。
みんなのおかあさんより、私年上ね、て言ったら、みんな、「うちのおかあさん、バスケなんてできない。」て言ってました。
男子は21歳から32歳。
こんなオバサンにも、みんな優しいの。

試合は7時半から9時頃までやって、そのあと、中央林間の白木屋へ。
私は車で一旦帰り、シャワーを浴びた後、バスケに行く前に洗った洗濯物を部屋に干して、少し遅れて歩いて白木屋に到着しました。
生中4杯、ハイボール1杯飲みました。

明日は日曜日。皆さん、休日なのね。
私は早番です。
ラストオーダーは過ぎたのに、まだ散会にならず。
0時過ぎたので、私だけお先に帰らせていただきます。

いーなー、体育会系、て。
試合は、情けない結果に終わって悔しいけど、飲み会は楽しかったです。

寝なくちゃ。
ただ今1:18a.m.

明日(今日)も、仕事から帰宅したら、実家に行き、泊まって、翌日、母と兄とリニューアルされた東京駅を見物に行く予定です。
ふぅ、頑張れ。
おやすみなさい。
page top
3on3
最初4人で2on2。
遅れてひとり来たのでスタッフを加えて3on3。

誰と組んでもいい勝負で、私もよく動けていい汗かきました。
最後はわがチームが勝って時間終了。

今日は、いいパスも出せたし、シュートも気持ち良く決まったので、とても楽しかったです。

今日は公休で、朝から体がだるくてしんどくてのんびり過ごしていましたが、テレビを見ていても身体はだるいばかり。
気分転換にギターを弾いてフォークソングをひとりで歌い録画。
それをパソコンにコピーして再生し、自分の歌とハモってまた録画。
音響が悪く失敗。
それでもわかったことは、私は演歌よりもフォークソングの方が合っていると。

そのあと時間があったのでマッサージへ。
夜はバスケに行くと言ったら、こんなに張っている体でバスケやるの?て言われましたけど、筋肉疲れも膝の不具合も一生治らないと思うので、このまま好きなバスケはやめられないと思います。

明日は早番。
そして、夜はつき中でバスケ。
女子は練習試合をします。
試合に出たいな。

では、おやすみなさい。
© ふぅのひとりごと & ネタ帳. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG