♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
2013/7/22(月)登山~高尾山~小仏城山~景信山
富士登山の前にお試し登山。
トレッキングシューズを履き慣らすために。

疲れました~。
8:03中央林間発~8:25JR横浜線町田~8:53JR中央線八王子~9:03京王線八王子~9:12高尾山口着

駅のパンフレットを見て6号路を上ることにしました。
一番楽そうだったから。というのも、できれば陣馬山まで行きたいと思ったので、前半は無理をしないことにしたのです。
6号路の楽しみは一部沢を歩くことですが、ただ登っただけで頂上に着いてしまいました。
高尾山には、前にもひとりでママチャリのふぅ1号で来たことがあります(参照:ふぅのホリデーサイクリング2008年7月21日)。
頂上に着くと、懐かしく感じました。
11:09今日は、富士山が見えました!霞んでるけど。
富士山が見えた!

お昼にはまだ早いけど、荷物を軽くするために作って来たお弁当を食べましょう。
11:16昼食
お弁当
美味しかった!自画自賛。

高尾山ビジターセンターの横にあるトイレはきれいで良かった。
11:51富士山が消えちゃいました。
見晴台で

さて、次はどこまで行こうか。
高尾山・陣馬山コースマップを見ます。
陣馬山はここから5時間か。明日休みだけど、今日の夕方から天気が怪しくなるらしいので、景信山まで行くことにしました。
せめてそこまでは行かないと、ふぅとしては物足りないので。

13:10小仏城山
小仏城山


13:41小仏峠
小仏峠

14:20景信山頂上
景信山頂上

14:24景信山頂上標高721m
景信山頂上標高721m

ここからは、雑木林を抜けてバス停小仏まで下りました。
途中雨が降って来ましたが、音の割にあまり雨を感じなかったのは、雑木林の中で葉っぱに遮られたのと帽子のおかげだったと思います。
雨はまもなく止みました。
雑木林を抜けると車道に出ます。
てことは?
ウフフ。自転車で来れる、てことですよね。いつかアビオスでまたここに来たいと思ったふぅです。

子供の頃は、よく父に付いて山登りをし、学校遠足の山登りも好きでしたが、久しぶりの登山です。
サイクリング中に、自転車を置いてプチ登山をしたことはありましたが、登山が目的で出かけたのは本当に久し振りです。
楽しかった。疲れた。

今日の感想
◆トレッキングシューズ最高
クッション性に優れていて、歩いていてもとても気持ち良かったです。

◆階段嫌い
やっぱり、左膝が悪いので、昇るにも降りるにも膝にひびきます。
膝に負担をかけないように、膝をかばいながら昇り降りしたので、とても疲れました。

◆急な傾斜を登れる人間の足、てスゴイ
経験則で、斜度30%を超えている道を登っています。
自転車じゃとても上れない傾斜。
人間の二本足は、そんな坂道も登っちゃうんだ。

◆スティックより自分の脚力だけで
道中、杖あるいはスティックを使っている人たちに多く会いました。
ひとりの女性に聞くと、やはり全然違うと言います。その女性は膝が悪いとかで、それを感じさせないくらいの効果があるようです。
きっと使うと楽だろうなあ、と思いました。
でも、やはり私は、どんなに辛くとも、できるだけ自分の脚力だけで苦しみを克服したいと思いました。

◆タオルは2~3枚は欲しい
浴用タオルを一枚持参し、首にかけていましたが、すぐ汗でビッショリになってしまいました。
まるで水で濡らしたかのように。
そしてまたそれを地面に落としてしまいました。
ハンドタオルも持っていましたが、それも落として汚してしまいました。

◆パンフレットは2枚はゲットしよう
高尾山口駅で入手した登山マップは、ずっと手に持って歩いていたら、汗でぬれてボロボロになってしまいました。
記念用にもう一枚もらっておくべきでした。

◆お気に入りリュック
昨日、東急で1,584円(10%OFF)で買いました。本当はショッピングバッグです。
中が保冷用になっています。ポケットが多い。いっぱい入ります。
お気に入りリュック

◆疲れたけど楽しかった
サイクリングとどっちが楽しいか、て?
どっちもいいですよね。
まあ、どちらかと言えばサイクリングの方が好きですが(下りが楽だから(笑))、自転車では登れない道を歩ける醍醐味はやはり登山にありますよね。

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG