♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
2015/5/25(月)「谷峨方面から大野山へ Part3」レポート
【天気】快晴 【HPにルートマップあり】
出発5:06帰宅16:40

【走行時間】7:22:05
【走行距離】120.58km
【平均速度】16.3km/h
【最高速度】48.1km/h
【消費カロリー】1652kcal

大野山登坂~辛かった
あそこは通りたくない、と思いながら上りますが、それでもキツい。
今日は左膝にサポーターを着けてきたので、左足は大丈夫なのですが、右足の脹脛の下が痛くなってきました。
右足の太腿の裏側も。
手に力が入りやすいように下ハンドルを握ると、腰が痛くなります。
だから、中ハンドルを持って上ります。これは腰に効果的でした。
深沢から進んでまもなく、放牧地帯という看板。
これがあれば、頂上は近かったのではないか?
しかし、それからが長く辛かったです。
幸い、嫌だったあの場所は深沢より下にあったようで、通りませんでした。

まきば館までは足つきなしで行きたかったのですが、もうだめ、管理事務所のスペースでブレイクしました。
管理事務所
次はまきば館まで。

11:18 まきば館
ここまでの
【走行時間】4:16:38
【走行距離】65.04km
【平均速度】14.9km/h
【最高速度】48.1km/h
【消費カロリー】889kcal

開いてます。人は居ません。
中に入ってみました。
まきば館
牛に関する資料がテーブルの上に並んでいましたが、それらを見る気力がありませんでした。
ここの自販機で売っていたコーヒー牛乳を飲みました。130円。

階段を昇る
まきば館の先も車道は続いています。
でも、もう自転車を漕ぐのに疲れました。
近道
「近道
放牧地を眺めながら頂上までもうひといき!」という文句に誘われ、
この階段を
近道
上って行きます。
自転車を担いで。
て、肩に担ごうとしましたが、腕が痛くて片側で持つことができません。
両手で自転車を持って上ります。
きつかぁ~。
4~5段昇っては休み、10段頑張っては休み、牛一頭居ない放牧地を見下ろしながら昇ります。
放牧地

放牧地

放牧地

放牧地

放牧地

放牧地

放牧地

放牧地

放牧地
放牧地
最後は一気に!
ラスト!
そして、この階段を降りて、あそこに見える急坂を上れば、頂上に着きます。
放牧地

放牧地

11:54 大野山頂上
やっぱり富士山はもう見えません。
大野山頂上
上ってくる途中も、富士山どころではないほど苦しんで来ました。

ここまでの
【走行時間】4:22:49
【走行距離】65.67km
【平均速度】14.9km/h
【最高速度】48.1km/h
【消費カロリー】889kcal

大野山頂上
丹沢湖を望む。
大野山頂上

大野山頂上
谷峨駅に続く道がこちらにもありますが、自転車が走れる道ではないそうです。
大野山頂上

下山
さあ、帰りは楽ちんな下り坂。
と言っても、かなりの勾配に、下りながら、「上りで苦しかったわけだ。」と改めて感じます。
あの場所に来ました。
共和福祉バス待合所前

共和福祉バス待合所

共和福祉バス待合所時刻表

深沢青年クラブクラブハウス
同じ場所で撮ったのに、ルートマップ上ではかなり位置がずれています。

あ、馬頭観世音。
12:15
馬頭観世音

12:30 カフェリーフス
おいしいコーヒーでランチを食べよう。
今日はここに寄ると決めていました。
自転車を、入口の階段の上の方に停めました。
ここまでの
【走行時間】4:45:21
【走行距離】72.59km
【平均速度】15.2km/h
【最高速度】48.1km/h
【消費カロリー】977kcal

もう、前に来た時から2年半になるんですね。
マスターは私のことを憶えていませんでした。

谷峨方面から登って富士山を見られるのは、登山者が振り返りながら登る時だったのです。
自転車で上っていたら振り返れないので、富士山は見えません。
詳しい地図をくれました。
この道が、桜と富士山見ながら登れる道です、と。
そうですか。
では、来年、桜の時期に、そこを通って、今度はしんどい大野山登坂ではなく、丹沢湖へ行こうか、と思ったふぅでした。
ランチはピザトースト400円。ヨーグルトが付いてます。
カフェリーフス
ブレンドコーヒー500円でも、とても美味しくて、おかわりしたいほどでした。
でも、帰りを急がねば。
今日はこっちから記念撮影。13:15.。
カフェリーフス
また、ルートマップ上の位置がかなりずれています。

帰り道
今日は、昨日車検に出した車を相模大野まで取りに行かなければなりません。
その前にスパで体をきれいにしたいし。
そのためには、夕方5時までには家に着きたい。

籠場からの嫌いなR246。
行きはよいよい、帰りはこわい。
でも、タイムリミットがあるので、やはり最短距離のこの道を帰るしかないでしょう。
このルートでアビオスが釘を踏んでパンクしたことが思い出されます。
地面の先をよく見ながら走ります。

名古木を過ぎて善波トンネルに向かって上ります。
そうだ、そろそろ何か飲もう。
と、自販機の前に立つと、スマフォより地震警報のサイレンが鳴ります。
14:28。
立っていても揺れがわかるほど、結構大きな地震の様です。
埼玉県で地震が発生した模様。でも、余震はありませんでした。

15:23 セブンイレブン厚木水引店
パンを買って食べました。

帰宅
今日も大変疲れました。
スパに行って、相模大野のダイハツに行って、心地よい疲れではありますが、肩周りがとても疲れている感じです。
閉店夜7時の20分ほど前になんとか間に合いました。

帰りは車で帰宅。
新しく借りた駐車場に車を置きました。

Part1に戻る・・・
Part2に戻る・・・

大野山関連ブログ
2012/5/25(金)「つぶしたり!大野山・・・でも富士山は・・・(;O;)」ダイジェスト
2012/10/25(木)「沼津まで行っちゃった!帰りは箱根越え」ダイジェスト
2012/12/12(水)「大野山登坂~ギリギリ間に合って富士山GET!」ダイジェスト
page top
2015/5/25(月)「谷峨方面から大野山へ Part2」レポート
【天気】快晴 【HPにルートマップあり】
出発5:06帰宅16:40

【走行時間】7:22:05
【走行距離】120.58km
【平均速度】16.3km/h
【最高速度】48.1km/h
【消費カロリー】1652kcal

県道76号に戻る
谷峨駅から県道76号に戻ろうと思ったのですが、歩行者通路というのがあったので、そちらに下りてみました。
おかげで、上りたくないような急坂を上る破目になりました。
結局県道76号に戻っただけなのに。

道の駅山北
登坂前のエネルギー補充をするため、大野山頂上で昼食にするための食料を買って行こうと思って 、道の駅山北に向かいました。
清水橋から1km。
とても近く感じました。
が、着いてみると、がっかり。月曜日は定休日でした。
道の駅山北
普段の開業時間は9:00~17:00。
自販機も動いてませんよ。
困ったなあ。
今はそれほどお腹空いていませんが、登坂中にハンガーノックになったら困ります。
せめて飲み物は確保しないと。
河内川の対岸に小屋が見えますが、営業しているかわかりません。
河内川ふれあいビレッジ

大野山入口
距離的に、ここが大野山上り口だと思われるあたりに、看板がありました。
でも、チラッと見える坂は勾配がキツそうで、上りたくないようなもの。
看板にも「大野山」なる文字がありません。
大野山入口

大野山入口
ここを上るのは嫌だから、先に進んでしまいました。
途中の自販機で、飲み物は調達できました。
それにしても、その先には、入口らしき道はありません。
距離的にも走りすぎてる感じ。
山市場と言うバス停に来ました。
道の駅山北にあった詳しい地図をスマフォで撮ったので、それを見て確認します。
道の駅山北の地図
やっぱりあそこしかないと、いやいやながら確信して戻ります。
腰巻沢

意を決して、登坂開始。
あ、そうだ、ビデオカメラとMP3。
セットするために一旦停止。
振り返る。
1505250950
これから上る坂。
1505250950

茶畑の風景
茶畑がとてもきれいです。
この辺は山北茶のブランドがある所ですからね。
足付き厳禁。
SAKABAKAのご法度ですが、アビオスと違ってアベイルでの登坂しながらの片手撮影は危険なので、足をついて写真を撮ります。
1505250959
他にも撮りたいスポットはいっぱいありましたが、キリが無いのでやめました。

深沢まで
今日走る道は、勾配が緩く比較的楽です。
山を登ってる感覚が無くて不安になるくらいです。
それどころか、やがて、どんどん下って行きます。
下ってく、下ってく。
もしかして、山北登山口にもどってしまうのか。
そこまで戻っちゃったら、今日はもう帰ろう、と思いながら、
下ってく、下ってく。
と、出て来た、見晴らしのいい、三叉路。
深沢

深沢
ああ、ここなら前に来ました。
ニコニコ動画でロボさんとロクさんが出会った場所もここでした。
そこにある地図を見ます。
深沢
ああ、まだこんな所か。
やだなあ、あの一番辛かった場所はこの先なのかなあ。
帰りたくなりました。
でも、このまま帰ったのでは、達成感は得られないでしょう。
嫌だけど、大野山頂上を目指すことにしました。

Part3に続く・・・
Part1に戻る・・・
© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG