FC2ブログ
                     ♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
実家のトイレ工事
今日は午後から、実家のトイレを自動洗浄タイプに替えるため、工事中はトイレを使えないので、母を連れて出かけることになりました。
兄は男だから、どこでも排尿可なので立ち会いのため家に残ります。
工事の人は男性がふたり来て、彼らも外で済ませたらしい。

昼12時頃実家に着いたときは、母はベッドに居ました。
兄とお茶しながらかりんとうを食べる。
兄は業者が来る前にカップラーメンで昼食。
母を起こして出かける支度。
「どこか行くの?」
「そう、お昼ご飯食べに行こう。」
「それなら起きる。そうでなかったら嫌だ。」と言って、素直に着替えます。
そしてまた、「どこか行くの?」
「そう、お昼ご飯食べに行こう。」
「それなら行く。」

ダイニングに行って、テーブルの上のかりんとうを目敏く見つけると「これ、食べる?」と。
お昼ご飯の前だよ、とは言いつつも、甘い物に目が無い母のために、少しのかりんとうとお茶を出しました。

1時半に業者が来たので、ふたりで車で出かけます。
まず郵便局へ。
母の固定資産税の支払いを口座振替依頼するのに、口座の通帳の届出印の押印が必要なのですが、どの印鑑かわからなくなったので。
母が昔、通帳と届け出印の対応表を記載した家計簿を使っていて、それが奥の部屋の机の抽斗に入っていたので、私はそれで確認するつもりでいたのですが、兄はそれを知らず、部屋の片付けの時に、片っ端から捨ててしまったのです。
持って行った印鑑数本、いずれも該当せず。印影を教えてくれました。

次に、鎌倉大船モールへ。
くら寿司ではなく、隣のCOCOSでランチ。
こういうお店、久し振りに入りました。
テーブルの上には普通のメニューが置いてあります。
ランチメニューは横に立ててありましたが、それに気付かず、ふつうのメニューでオーダーしたあと気がつき、遅かりし。
各々ハンバーグとエビフライ、ふたりでアボカドサラダ、母は半ライス、私はライ麦パン、ドリンクバー。
母は、エビフライを食べながら、「こういうの好きなの。」と子供のように無邪気に喜んでいます。

『エビフライ 子供のように 喜ぶは ものわからずも 卆寿の母よ』(検索”短歌”)※

いろいろなことがわからなくなっている母ですが、あなたどうぞ、とか、人に気配りする本性は変わらない。
私でさえおなかいっぱいになっているのに、母はゆっくりきれいに完食です。
途中、「もう(お腹に)入らないから、あなた少しどう?」と言いつつ。

会計を済ませた後、お店のトイレへ。
私も入り、出ると母が居ない。トイレの外に出ると、母はどこに行っていいかわからなかった、とそこに立っていました。

手をつなぎ、次の目的地へ。
2階の百均へ行きたいが、母は歩くのが辛い。
ちょっと歩いただけで苦しそう。
10m、20m歩くのもやっとやっとです。
車で待ってもらうということもできますが、歩くのが辛いからと言って歩かなければ、ますます歩けなくなるので、少しでも歩いてもらいたい。
手を繋いで歩きますが、時々躓きそうになり、息も荒くなっています。
「あそこの椅子まで頑張って。」
「わかった。」
鯛焼き屋の前の椅子にたどり着いて安堵。母は倒れ込むようにして椅子に座ります。
私は百均でキーホルダーだけ買って、母の所に戻ります。
あまり長時間ひとりにしておくと、また不安になってふらつき出しかねないので。

次は、資材売り場。
兄に、戸棚を直すための板を買ってきて欲しいと頼まれていたので。
コーナンの中にも休憩所があるので、そこまでまた母と手を繋いで歩きます。
母は、掴まれるところがあれば、手を繋いでいるのと反対側の手で、どこにでも掴まって、ハアハア言いながら歩いています。
休憩所の見える通路を通り、「あそこまでもうすぐだから頑張ってね。ゆっくりでいいよ。」と言う私。
「あそこね、わかった。」

休憩所に着くと、また母を置いて、私だけ資材売り場へ。
結局、どんな板を買えば良いかわからず、兄に電話して、やっぱり兄の目で確認して買って、と伝えます。

車に戻るのも、途中休憩を挟みながら。
さっきの鯛焼き屋の前まで。
ハアハア言いながらも、一生懸命歩く母に、
「お母さん、頑張り屋さんだね。」
「うん、あそこまででしょ。頑張る。」

お母さんは、こうやって頑張って生きてきた人だなあ、だから私も頑張り屋に育ったんだ、とひとり思いながら、母をいとおしく思いながら手を繋いで歩く。

『老いた母 少しの道も 辛いけど 頑張る姿は 子の鑑』(検索”短歌”)

鯛焼き屋の前の椅子に到着。
お腹いっぱいで何も食べたいとは思いませんが、兄へのお土産に鯛焼きを購入。

また車まで、声かけしながら頑張って戻ります。
次は、灯油を購入。
灯油売り場のそばに車を置き直して、母を車に残して買いに行きます。

夕方4時。
兄に電話すると、工事はまだ1時間くらい終わりそうにないと言います。
でも、とりあえず帰りましょうか。
が、実家に戻ると業者の車が家の前に2台。
私の車を置くと邪魔になりそうなので、そのままドライブ。

実家のそばにこんなに長い急坂があったなんて。
急坂があるのは知っていましたが、通る用も無かったので通ったことは無かったのですが、今日初めて通って、その長さに驚きました。
坂バカの頃だったら、自転車で喜んでチャレンジしていたであろう坂道、今は全くそんな気が起こりません。
今もバスケは続けていますが、やはり膝の不安が大きいので、激坂登りの情熱は湧かなくなっています。

実家の近くの通ったことの無い道をグルッと回り、ここはどこだと思いつつ、「ここかあ。」と言いながら走ります。
先ほど兄に、車が2台置いてあるので私の車が置けないと伝えたので、兄から車を移動してもらったと連絡が入りました。

コンビニでヨーグルトを買い、母と私は順番でトイレを借りてから、つぶれた高校のグランドの脇道に車を止めて、ヨーグルトを食べました。
5時少し前実家に戻ると、丁度工事が終わったところで、操作方法の説明を受けていました。

自動洗浄のトイレにしたのは、母が用を足したあと水を流さなくなったからです。
トイレのスリッパも履き替えられなくなっていました。

工事は難しかったらしく、予想以上に時間を費やしたようです。

買ってきた鯛焼きをチンして、3人で食べました。
通帳の届出印は、兄が他の場所に保管してありました。
私、帰らなくっちゃ。

今朝、ジュンコから飲みの誘いがあったので、会う約束です。
親友の誘いは、バスケには負けますが、ハイパークラッシュには勝ります。
金曜日の今日は、あすウェルで夜8時半からのハイパークラッシュに参加する予定でいました。
前に、土曜日飲みの誘いがあったとき、バスケに行きたいからと断ったので、土曜日は誘わないことにしたと言われました。

夕方6時に実家を出て、7時15分帰宅。
夕方になると、昼間のコートも要らない暖かさと打って変わって、コートを着ても寒いほどの寒さ。
まだ朝晩寒い日は続くのでしょうか。

8時頃相模大野駅で、仕事帰りのジュンコと落ち合って、お店へ。
人気のお店ですが、金曜日の夜というのに、珍しく1階のカウンターの席が空いていました。
私は、おなかが空いておらず、飲みも食事もあまり進みませんでした。
相変わらず仕事で忙しいジュンコ。肩がべらぼうにこっていて辛そうです。
10時半。
これ飲んだら帰ろう、と言ってワインをオーダーしてから、気付くと11時半になっていました。

中央林間。
たまに行くカラオケスナックのマスターが歩いていました。
仕事の帰りのようです。
スナックの前を通ると、営業中。
でも、明日に疲れを残したくないので、今日は寄りません。

※(検索”短歌”)は、あとで検索できるように、キーワード”短歌”を示しています。
スポンサーサイト
© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG