♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
2/3-2/8 バスケ in ルネサンス
🏀2/3(月)痛み消えず🏀晴れ
19:30-20:45
9名2チーム女子1名。

パパのチーム分けによりオールコート4対5をやった。
新顔にどんぐり君の友達。
大きくて、どんぐり君とアバレル君とパパの4人チーム。
手強いが、こちらもイケ君、山ちゃん、若い子、アーサーで、なかなかのメンバー。

私は何本かノーマークのミドルシュートを落としたが、打った半分以上はシュートを決め、アシストパスも何本か決まる。
前半はこちらがリードしていたが、どんぐりフレンドも、大きさを生かしてシュートやリバウンドを決めて、どんぐり君もアバレル君もよくシュートを決める。
アバレル君は小柄で、フォームはきれいとは言えないけど、高い身体能力でよくシュートを決める。

今日も左手首に痛みあり。
左足首もなんとなく痛む。
ゲームのあと、少しバレルローラーで足をほぐし、スパで、左足の指を離すストレッチをして、足首を回すが、足首固い。
帰りには平気だったが、帰宅後、しばらく座った後立つと、左足首が痛くてまともに歩けなかった。

ベッドに入って寝る態勢を整えようとしたとき、つったー!左足。
痛いのなんのって。
たまに足がつった時は、親指を持って思い切り手前に引っ張れば、たいていすぐ治るのだが、今日は仰向けになった時につったので、手が届かず苦悶した。

翌日は、腰が痛い。
筋肉痛だと思う。
足も痛い。
いい年してバスケやり過ぎかなあ?

🏀2/4(火)休む🏀晴れ
朝から腰が抜けるような痛みあり。
夜には動けるようにはなっていたが、まだ痛みあり。
マッサージを受けたいと思ったが、この前行ったばかりでお金が勿体無いので、湿布を買って貼ることにした。

人数の足しになるつもりで、残業してからバスケに出るつもりで帰ったが、腰の痛みがまだ大きいので、無理して怪我しないために、今日は休んだ。
体中に湿布を貼りまくった。
両膝、ハムストリング、腰。

翌朝目が覚めると、いつもより体は楽だった。
でも、まだ腰に痛みあり。
前の晩は腰は中央だけに湿布を貼ったが、翌朝は腰の両サイドにも貼った。

水曜日は大抵人が集まる日。
また5対5ができるといいなあ。

🏀2/5(水)寒い🏀晴れ
19:30-20:45
12名2チーム女子1名。

昼間はまだ腰が痛かったが、夜には痛みはほぼ無くなっていた。
朝は暖かかったが、夕方から寒くなった。
風も強い。
強風は自転車の敵だが、頑張ってアビオス君と出かけた。

アリーナに着くと、どんぐりパパに、ライングループに3人招待してと言われたので、彼らとふるふるでライン交換しているうちに、アップする間も無く、ゲームが始まった。
若くないので、アップ無しに走るのは怪我の元。
まだ丁度10人なので抜けることもできない。
1ゲーム目はアップ程度にゆっくり走った。

段々体も温まってきた。
パスが来れば、ミドルシュートでもパスでも決まるのに、今日のガード役はパス出しが遅い。
自分で攻め込みたいのと、人を見てパスを出すので、ノーマークが居ても気付かない。
今日は少しイライラした。

左手首の痛みはまだある。
原因不明。

明日もゲームできるかな?

🏀2/6(木)疲れてる?🏀晴れ
21:40-22:45
10名2チーム女子2名。

昨晩から冷え込み出した。
今日も朝から寒い。

残業して本厚木から快速に乗ったが、寝過ごして町田まで行ってしまった。
疲れてるのかな?

遅くなったし、あんまり寒いので車で出かけた。
ウォーミングアップしても、なかなか体が温まらない。
シューティングを始めたが、体が縮こまってボールが伸びず、リングに当たって落ちる。
温まらないうちちにゲーム開始。

他の人は先に来てかなり体が温まったようで、最初からいい動きをしている。
敵に先行されるが、私も体が温まると、ミドルシュートがよく決まり出した。
ジャンプシュートも決まった。

ディフェンスはサボりがちだった。

🏀2/8(土)美貌くずれる?🏀晴れ
19:30-21:15
10名2チーム女子2名。

今日は、実家からの帰り。道が渋滞して帰宅したのは18:40だった。
時間が無いので、ミニアンパンひとつとコーヒーだけ胃に入れて出かけた。

う~、北風が強くて嫌だぁ。
でも、駐車場代節約のためアビオスでゴー。
自転車の方が、足首や膝のストレッチをしながらペダルを漕げるので、少しはウォーミングアップになる。

右ひざは相変わらず違和感があり、シューティングの間は右ひざを気にしていたが、ゲームになると忘れる。
序盤でミドルシュート2本を決める。
アシストパスも冴えた。
ゴールの奥に居る上ちゃんに、トップから目と左手で合図。
上ちゃんが察して動いたところへ鋭いワンハンドパス。
上ちゃん、シュート決める。
まるでJX-ENEOSサンフラワーズの吉田亜沙美-渡嘉敷来夢ラインを彷彿とさせるような、我ながら感心するナイスパスだった。

今日は調子良くて、フリスローラインの左サイドでノーマークになったので、自信を持ってシュートを打ったのだが、少しショートでリングに当たって跳ね、落ちてきた場所の二人のディフェンスの間が空いたので、絶対取れると思って自らリヴァンドに飛ぶ込んだ。
するとディフェンスのSさんの手が私の顔に当たった。
あまりに痛くて、ボールを放し、コートの外に出て、しばらく両手で顔を覆った。
コンタクトしている目に当たったか?と思ったが、目を開けられたので、そのままゲームを続行した。
まだ痛いので、ブレイクタイムにアリーナの前のトレーニングルームの壁にある大鏡に近寄って顔を見ると、上瞼と目の下に傷ができて血が滲んでいた。
アリーナに戻って、モッチンに「美貌が崩れた」と言って顔を見せた。
「あ、大丈夫?」と言ってくれたので、「大丈夫、これ以上悪くならないから。」と言ったら、「そんなこと無いよ。」て言ってくれたから、「そう、その返しを待っていた。」と冗談ばかり言う私。

思うに、ゲーム中のけがで、結構Sさんが絡むことが多いような気がする。
Sさんは、シュートはよく決まるようになったが、プレーが真面目過ぎるというか、固いというか、不器用なんだね。でも、体が強いので、接触した相手がしばらく痛がるケースが何度かあった。
本人は、危険なプレーをしたとは思っていない。不可抗力程度にしか思っていないのだろう。
だから、痛がる相手に謝ったり、大丈夫?など心配の声掛けの様子もない。
今日の場合もそうだ。
私が明らかにボールを取ったのに、遅れて奪おうと手を出し、私の顔を叩いた。
私は、ぶつかって痛いことがあっても、あまり痛がる様子は見せず、すぐ大丈夫と言うけれど、そんな私が、今日はゲームを中断するほど痛がった。
なのに、大丈夫?とも言ってこないし、謝る言葉も無い。
本人は悪気は無く、わかっていないのだと思う。
そうは思うけど、痛みが消えないので、女の顔に傷まで負わせておいて何も言ってこないことに少し腹が立った。

傷を負った後も、体の調子は良く、ドリブルで運んでストップして右サイドからショルダーシュートも決めた。
楽しかった。




© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG