♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
2010/4/14(水)「和田峠、表も裏もチャリで上って、歩いて陣馬山登って、醍醐林道ダウンヒル」ダイジェスト
有休取ってサイクリング。
大垂水峠、相模湖、宮ヶ瀬湖、ヤビツ峠も行きたかったけど、全然時間が足りませんでした。
心地よい疲れで、夕飯食べた後、アップ作業に入ろうと思ったけど、なぜか目が開けられないほど痛いので、とりあえず寝ます。

走行距離:104.84km
blogram投票ボタンポチッと押してね。
関連記事

コメント

管理人にのみ表示

和田でしたか。。。
てっきり「あざみ」かと思っていましたが、和田でしたか!

表やりましたか・・・さすがです!

表、、、初ですよね?(違っていたらゴメン)。
とんでもなかったでしょう?
わたしゃ、チャリのベルトが切れるかと冷や冷やでしたもん。

レポート楽しみです。

そのうち醍醐林道から登ってみたいと思っていますが、表和田、裏和田と比較してどうですか?内装三段のママチャリでも可能そうですか?
くるたまのパパ | URL | 2010/04/15/Thu 02:09 [EDIT]
和田峠、へっちゃら
>くるたまのパパさん
こんにちは。
あざみは、もういいです。

初めての和田峠は、2007年4月15日で、ママチャリでした。
表から上って、ほとんど押し歩きでした。
次はアビオスで2009年5月31日、裏和田。自分では意外なことにギブアップでした。
我ながらそれが信じがたい。上れないわけがない。それを確認というか証明したくて、昨日行って来ました。
やっぱり、昨年はハンガーノックだったに違いありません。
昨日は、表も裏もどう、てことありませんでした。勿論MAX LOWですが、何か?
表が、意外なほど大したことありませんでした。とはいっても時速4~5kmというのろさですが。
三度目の和田峠は、2009年7月26日で、醍醐林道を上りました。
レポートを読み返すと、きつかったみたいですね。押し歩きこそしていませんが、ドリンクブレイクで何度か足を着いています。
夏だったせいもあるかもしれません。
昨日は表も裏も足つきなしです。いや、裏で1回富士山眺望地点という所で写真を撮るために足を着きましたが、ほんのちょっとです。

気候や体調で全然感覚が変わるみたいです。
それとも、最近週に2~3度はジムに通っているので強くなったのでしょうか?

醍醐林道は、昨日下った感じでは、結構長く、勾配も感じました。
でも、ママチャリでもMAX LOWでくるたまのパパさんなら行けるかもしれません。

ふぅの動画全集で「和田」で検索すると、和田峠に関する記事がヒットします。
醍醐林道も載っていますので、よろしければご覧ください。
ふぅ | URL | 2010/04/15/Thu 12:41 [EDIT]
私は激坂には興味ないのですが和田峠で検索していたら、裏和田の途中にSAKABAKAにも恐れられている伝説の「ラピュタ坂」と言われているところがあるのですね。平均勾配が和田峠10%に対して、18%を超えるみたいです。
linka | URL | 2010/04/16/Fri 02:26 [EDIT]
上ってみたら?と言われているみたい。
「ラピュタ坂」という名前は知っています。
すごい坂らしいこともSAKABAKAさんのブログで知りました。
でも、SAKABAKAでない私は、そんなバカみたいな坂に興味はありませんでした。
その場所もよくわからなかったし。
でも裏和田の途中なの?行きやすいの?
・・・・
いや、やっぱり私には無理だ。平均斜度が18%だなんて。

それにしても、linkaさんも宵っ張りですね。
私はもう寝ます。おやすみなさい。
ふぅ | URL | 2010/04/16/Fri 02:44 [EDIT]
そういうつもりではなくて18%の坂があるのは驚きでした。路面の状態も悪く、上るのも下るのも危険を伴い、下るときもフルブレーキでサドルに腰を付けることを許されないところみたいですね。
linka | URL | 2010/04/16/Fri 07:33 [EDIT]
ラピュタ坂
>linkaさん
>そういうつもりではなくて
はい、わかってますよ~。
ラピュタ・・・その名は魅力的ですよね。
ふぅ | URL | 2010/04/17/Sat 01:04 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG