♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
生きる
某老人ホームに介護士として転職しました。

「生きる、てこんなにつらいとは思いませんでしたよ。」
「ここで一生暮らすのは嫌だ。」
「もうしんどくてしんどくて。」
「なんでこんなに腰が痛いのかね。年は取りたかないね。」
「ご面倒かけてすみませんねえ。」

年を取ること、病気をかかえていること、て大変だなあと痛感する言葉の数々。
ホームで暮らす、て家族に迷惑かけたくないとか、安心して安全に暮らしたいとか、いろいろな事情があって入所されているのだと思います。

毎食用意されて、薬も水分量も管理されて、危ないからと裁縫道具も刃物も管理されて、人にもよりますが一人での外出も制限され、ご家族は安心でしょう。
ご本人も幸せだという思いもあるしょうし、不自由さに不満を漏らされる方もいらっしゃいます。
多少ボケることがあっても、まだまだ自分でできるじゃない?と思われるような方でも、ホームでは見守られ、介助され、管理されます。

そんな所で仕事しながらナンですが、私の両親には、年取って大変ながらもふたりでなんとか生活してくれていることに心から感謝しています。
だって、ホームの生活、て楽しい?て疑問が湧くから・・・。

私がひとりになったので、離れて暮らす兄や姉は、私が両親と同居することを期待したと思いますが、もし同居したら、母はもっと早くボケそうだし、私もストレスたまると思って、父と母にはまだ頑張ってもらっています。
月に1~2度ご機嫌伺いに実家に行く程度なので、私の知らない両親の日常があると思います。
でも、日夜が逆になろうとも、しんどくて一日中寝ていようとも、大事な物を失くしたとそのことで憂鬱になっていても、酔って転んだと後で聞いても、首が痛くて悲鳴をあげている、と聞いても、もしものことがあったとしても、それが生きる、ていうことだと私は思うのです。
お年寄りはお年寄りのペースで自分の意志で生活する。それが生きるということだと、両親を見て思います。

入社時研修の時のグループディスカッションのテーマは、自分がホームに入ったら何を望むか、でした。
結論は、安心に安全に暮らしたい、は勿論ですが、やはり尊厳を持って、自分らしく楽しく、よく生きたい、ということでした。

「生きる、てこんなにつらいとは思いませんでしたよ。」
でも死ぬわけにいかないしね。
生きていくしかないよね。
人は、生きていくために生まれてきたのか。
生きたくても病気や事故や災害で亡くなる人もいる。それがその人の運命なら、しんどくても命ある限り生きていくのがその人の運命。
生きていく以上、楽しく生きたいよね。

私もひとり。
娘たちも独立したから、今は自分のために生きていけばいい。
いつ死んでもいい。生きていく、て楽じゃない。夢もチボー(希望)もない人生、ただ生きている。
でも、親より先に死ねない。
生きたくても生きていけない人達がいる。
だから、私は生きる。生きるために生きる。
生きていく以上、楽しく前向きに生きていく。
だからまじめに仕事をし、人のために働き、自分の健康を管理し、生きる努力をする。
それがこれからの私の人生。




関連記事

コメント

管理人にのみ表示

今、ゾンコラン手前70キロのウーディネの街にいる
まあそんな事はよい、まだ若いんだから達観した様な事言わんのよ!

まだまだ右に左に挑戦してモガかんとな!
イタリアん亀 | URL | 2011/05/30/Mon 22:12 [EDIT]
>亀さん
好きなだけもがきなはれ。
ふぅ | URL | 2011/05/30/Mon 22:58 [EDIT]
祖母の思い出
私の祖母は4年半前に亡くなりました。亡くなる前の4年間は特養の老人ホーム(YYE)にお世話になりました。祖母が田舎で自立して生活できなくなったので東京に連れて来て、祖母の3人の娘で順番に祖母の世話をしていたのですが、母がヘルパーの仕事をしていた関係で特養ホームが新規に開設されることを知り、入所できました。開設後は直に600人待ちとかになったそうです。祖母は進行性の痴呆症(アルツハイマー型)と診断されていたので今後のことを考えて、入所の応募をしたようです。私の母は週に一度は祖母に面会に行っていたのですが最後までホームの生活に馴染む事はありませんでした。祖母に会いに行くと毎回のように私を連れてって言っていました。身内がそばにいないと寂しさを感じるようでした。私も何度も祖母に会いに行きましたが「私を連れてって」という言葉が耳に残っています。痴呆が進行して、自分の娘の顔も分からなくなっても話しかけると身内である事は分かるようで、私を連れてってと言っていました。特養ホームに入れても、寂しい思いをさせてしまったかもしれないと感じています。人によってはホームの生活に馴染めない方もいるようで、入所している方が外出が制限されているので籠の中の鳥と同じだよと話されていました。祖母は入院先の病院で食べ物を喉に詰まらせたことが原因で亡くなりました。
linka | URL | 2011/06/01/Wed 23:50 [EDIT]
>linkaさん
老人ホームに入れる人は、ある意味幸せな方だと思います。
ある意味とあえて言ったのは、幸せの定義は様々だから。
入りたくても入れない人はいくらでもいます。
順番待ちや経済的理由で。
私は勤めている会社は民間の有料老人ホームです。
入居者の費用は、施設により違いますが、私が通勤しているホームは月額30万円くらいはかかります。
>入所している方が外出が制限されているので籠の中の鳥と同じだよと話されていました。
私もそれがかわいそうだと思います。
でもホームとしては、ご家族の要望もあって制限せざるを得ません。
理想と現実にギャップがあります。それはスタッフのジレンマです。
命を守る、安全を保証する、食住サービスを提供する、が優先し、本当に望む楽しく生き甲斐のある生活は、二の次になってしまうように思います。
ふぅ | URL | 2011/06/02/Thu 09:16 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG