♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
勝美さん
昨日で退職された勝美さん。当社に32年勤続62歳。
寂しくなります。
仕事の上では、課も違い席も離れていてあまりからみはありませんでしたが、昔カラオケに行ったときは、ハスキーで伸びのある声に聞き惚れたものです。
事務所で一番古いスタッフで、事務所の変遷をよく知る生き字引のような人でした。
お財布をあちこちに置き忘れたり、車で目的地に向かって戻るときは同じルートでないとだめとか、行きに右に曲がった交差点を、帰りもまた右に曲がってしまったりとか、人を乗せて運転するのが嫌だとか、天然なところもありましたが、私のダジャレやジョークにいち早く反応してくれた貴重な人です(その早さならまだボケてません)。主人の話(世間ではのろけというらしい)もよく聞いてウケてくれました。
なぜ辞めるのか本当の理由は知りませんが、ご本人はボケて仕事で大きな失敗をする前に辞めたいとおっしゃってました。
退職日の前日、担当の引継ぎで一緒に出かけたとき、駐車場に行く途中で私が忘れ物に気付き、車のキーを勝美さんに預けて、事務所に忘れ物を取りに行きました。
最近、そのキーのリモコンの感度が落ちてセンサーが利かないことがあるのですが、それを言うのを忘れました。でも、気が付いて直接キーを開けることに気付いてくれることを期待して車に戻ったとき、勝美さんが笑いながら車のドアを開けているところでした。
「ドアが開かなくてしばらく車の横でボーッとして待ってたんだけど、今気が付いたのよ、直接開ければいい、て。」
「だから早く辞めた方がいいのよ。」
「いえいえ、それは今更のことではないでしょう、昔からでしょう?
行きで右に曲がった交差点を帰りも右に曲がった、て聞いたとき、『最近ですか?昔からですか?』て何度も聞きましたよね?昔からだと聞いて、それでもちゃんと仕事をこなしていらしたのだから、そのボケが辞める理由にはならない、て言いましたよね。」

辞めても近くに住んでらっしゃるので、ボケないように時々飲み会等に引っ張り出そうと思います。
関連記事

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG