♪ふぅのひとりごとと、日常の会話の中でウケた話をネタとして記録しています。ネタ、ウケたら拍手をお願いします。
page top
ビンディングシューズ購入
早速モンベルへ買いに行きました。
ビンディングシューズ
2足目です。7,560円也。
古いのを持参して「これより一つ上のサイズありますか?」と聞いたら、同じ種類の物の在庫はないと言われましたが、デザインやメーカーにはこだわらない、サイズがひとつ上のが欲しいだけだと言ったら、これを出してくれました。
1足目の写真は撮っておかなかったみたいです。(2011/2/8「洗脳されたように買っちゃいました、SPDペダル。」
古いのは、お店に処分をお願いして置いて来ちゃいました。
その靴にはヒモに赤い色が入っていてかわいかったけど、これはモノクロ。
ピンク色の入った物もあったそうですが、今は商品の変わり目で、すぐには手に入らないようです。
私は、今必要なんです。9月の富士山一周サイクリングのために。
それで、これになりました。

履いてみたら、前の靴より柔らかく軽く感じます。
サイズも一つ大きくしたので、足は全く痛くありません。
クリップを1足目から2足目に付け替えてくれました。
その間に、隣りのスターバックスでシナモンケーキとコーヒーを。私の今日のランチです。

最初お店に入った時、先日メンテナンスしてくれたお兄さんは居なくて、別のお兄さんでした。
「昨日130km走ったら、足が痛くなっちゃって・・・。」と話したら、「ああ、3日ほど前修理に来られた方が・・・。」と言ったので「はい、その人です。」
「富士吉田まで行くつもりでしたが行けませんでした。山伏トンネルで引き返して来ました。」
「それでも130kmはすごいですよ。」
「ロードバイクにはどんどん抜かれましたけど。自転車も違うけど、脚力が違うんですかね?」
「その脚力があれば、ロードバイクなら驚きの速さで走れますよ。」
「ロードバイク買って、アビオスと使い分けようかな、と思ったりしたけど、そうなるとアビオスが買い物自転車になりそうだから・・・。」
なんておしゃべりをしました。

スターバックスからモンベルに戻ると、先日のお兄さんが居ました。
「どうでしたか?」
「富士吉田まで行けませんでした。」とさっきと同じような報告を。
でも、やっぱり道志みちを通って130km走ったのはすごい、て。
「自走で行くのはやめました。車で行って、前日のイベントとか見て楽しもうと思いました。」
「それがいいと思います。」て。
「山伏峠は甘くありませんでしたね。」と私。
「ロードバイク欲しいけど、買ったらこの子(アビオス君)がかわいそうな立場になるからまだ我慢しようかと思う。」と言ったら、アビオスを軽量化するだけでもだいぶ違うと言われました。
ただ、タイヤ替えるだけでも5万円くらいかかると言うから、それなら新しい自転車買った方がいいよね、とも。
「久しぶりに130km走ったら、お尻も痛くなったので、これは自分の軽量化もしなくちゃダメだな、て思いました。」
「いやいや、それはないでしょうけど、130kmも走ったらお尻は痛くなるでしょうね。」て。
「ロードバイクは60歳になったら買おうかな。」
「今おいくつなんですか?」
「5」
私、て何歳に見えるんだろう?

モンベルのお兄さん、やっぱり、何度も富士山一周を走ったことあるんですって。



スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのひとりごと & ネタ帳. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG