♪ふぅのひとりごとと、日常の会話の中でウケた話をネタとして記録しています。ネタ、ウケたら拍手をお願いします。
page top
忙しくても、それが私の生活。
月初は、実家に生活費を届けに行かなければなりません。
元々は、長兄の策略です。
兄が母の財布を預かると、忙しい私の足が遠のくからと、私に母の財布の管理を任せています。
私もそれが正解だと思っています。
実家に月に1~2度行くのも、私の大事な生活の一部。

ホント、忙しいんだから~。(’あったかいんだからぁ’♪の節で(笑))
今日は公休ですが、朝からデスクワーク。
昼間に実家に行くと、集中してできないので、昼間のうちにデスクワークをして夕飯の時間に合わせて実家に行くことにしました。
DVDプレーヤーで見れますが、必要があってPCでDVDを再生しようとしたら、DVDを認識してくれません。
その対応にも時間を費やしました。
解決しないまま、夕方4時半に自宅を出発。

まず、車にガソリンを入れなければ。
セルフのGSですが、GSのおじさんが、ガソリンを入れてくれました。
おしゃべりは、気候のあいさつから始まって、「どこか行きましたか?」という問いに、「はい、自転車で行きました。」と答えたら、話が弾んじゃって。
「自転車で往復100km。」
「そのバイタリティはどこから?」
「好きだから。」
「何か他にもスポーツしているんですか?」
「バスケ。」
「僕なんて、駅はエレベーター使ってますよ。」
「だめですよ、エレベーターなんか、階段を昇り降りしなくちゃ。」
「動悸がしちゃって。」
「まず、検査して、動悸の原因を見つけた方がいいですよ。病気でなければ少しずつ慣らしていけばいいんです。」
話しているうちに、若い頃は野球をやっていて、江川(卓)から打ったとか、最近職場の仲間とボーリングをしたら185点出したとか言うから、「なんだ、謙遜してるけど、すごいんじゃないですか。」と。
仙台育英の野球部のピッチャーだったみたいです。
話している時は、私は今年の春の選抜高校野球をほとんど全く見ていなかったのでわかりませんでしたが、話の内容からして、家で調べたら高校がわかりました。
勿論、私が富士山を自転車で3方向から上った話も富士山一周した話もしました。
おじさんは、驚いて、「すごいなあ、時々ここにきて、刺激をくださいよ。」と言います。
「僕なんて、腹も出てきちゃってダメだなあ。」
「いえいえ、元々スポーツをしていらしたんだから、昔取った杵柄で、また始めたらできますよ。」
「杵を置き忘れて来ちゃったから。」
「うまい!」

私、急いでるんだけど、と思いながらも、話が切れなくて、しばらくおしゃべり。
そこへ、新しい客が入って来たのを機に、私はGSを出ました。

りんかんモールでお刺身を買って行きます。
日曜日だから、お店も道も混んでいます。
実家には夕方6時半に着きました。

実家で、母と兄と3人で夕食。
テレビを見て、少しおしゃべりして、夜8時半に実家を出ました。
帰宅したのは9時半。

再度PCに向かって、不具合対策にチャレンジ。
やっぱりダメ。
明日、仕事から帰ったらムラオカに行くことにして、今これを入力中。

もうすぐ0時。
明日は早番ですが、まだやりたいことがあるので、まだ起きてるかな。
忙しい人は、睡眠時間を減らすしかないっしょ。
大丈夫、どこかで爆睡するから。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのひとりごと & ネタ帳. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG