♪ふぅのひとりごとと、日常の会話の中でウケた話をネタとして記録しています。ネタ、ウケたら拍手をお願いします。
page top
北陸旅行 11/3(火)~11/5(木)一日目
《11/3(火)晴れ》
昨日は夜勤明けで、録画した「下町ロケット」を見た後昼間から爆睡。
夕方目が覚めて、ボーッ。
荷物の準備は大方出来ていますが、最後のまとめ、なかなか動く気にならず。
テレビを見て過ごします。
翌朝6時に起きる予定。頭が冴えて眠くありません。
0時半にベッドに入るも、寝付けません。
布団の中でスマホでカズヤチャンネルを見ながら寝入りました。

6時のアラーム。スヌーズを一回やり過ごし、6時5分起床。
シャワー浴びて洗濯してトーストとコーヒーで朝御飯。
身支度してから、PC起動して家計簿入力。
慣れない旅行、緊張するなあ。

8:20玄関の鍵をかけて出発。
歩きながら、玄関の施錠を確認しなかったことに不安感。
でも、鍵を左に回せば鍵がかかること、左に回した記憶ははっきりしているから、不安を打ち消して中央林間のホームに着きました。
8:30の新宿行き快速急行に乗る予定。
あ、スマホが無い!
忘れたよ。
そんなこともあるかと一時間余裕を見て家を出たから、時間はあります。
家まで戻り、ソファに忘れられたスマホを持って、今度は施錠を確認して再出発。
8:43中央林間発の急行に乗りました。
相模大野から座れました。

危機一髪
相模大野駅で構内放送が流れています。
「人身事故で…」
えっ!?どこで?
相模大野~東林間の間で人身事故。
相模大野~片瀬江ノ島間で運転見合わせ。
良かった~ホッ。
東京で落ち合う兄嫁のさくらさんから心配のlineが届きました。
大丈夫(^-^)v

リアルタイムでこれを打っているので、すぐ新宿に着きました(ように感じる)。

《旅のしおり》
旅のしおり

昔、会社の部内旅行の幹事をしたとき、旅のしおりを作ったなあ、と思いだし、今回も作ってみました。
兄も、細かい行動予定表を作ってくれていました。

連絡改札を出ると、すぐJR。
中央線に乗るのですが、すぐ16番線中央線ホームへの階段があります。
あれ?8番線じゃなかったかなあ。
駅員見っけ。
「東京に行きたいんですけど。」
「快速は8番線です。」
おお、そっか、やっぱり8番線でいいんだ。

8:36中央線快速東京行きに乗車。
座れました。
これで安心。

ここからの記録は、リアルタイムではありません。

《旅の目的》
(1)母とその姉のおよそ30年ぶりの再会
金沢に母の3歳年上の姉が住んでいます。
5人兄弟でただふたり存命の姉妹です。
母の認知症は進んでいますが、幼い頃の記憶は鮮明です。
(2)ルーツ探しの旅
父と母は父が戦後陸軍を退役してから富山県で出会いました。
父親を早くに亡くした母は、当時父親代わりのお兄さんが医者をしていた診療所で手伝っていました。
その診療所は住居とくっついていました。
父の母親が癌で、その薬を父が取りに来たとき母が薬を渡していました。
その診療所は、今はありませんが、長兄と姉は小学生の時、そこへ大学生の従妹に連れられて東京から遊びに行ったことがあり、私も家族と就学前に行ったことがあります。
父方の祖父が富山県の人で、ウィキペディアにも掲載されていて、その名のつく記念館があったはずなのですが(何年か前はその記念館がネット検索でヒットした)、今はその存在がわからず、本籍地のの役場に電話で問い合わせてもわからず、直接その役場を訪ねてみることにしました。
(3)ついでに金沢観光

東京駅で大船から来る母、長兄、次兄の嫁のさくらさんと落ち合って
10:32北陸新幹線 東京駅発かがやき509号に乗車

素晴らしい快晴で、車窓から見える紅葉がかった山々と立山連峰と日本海は素晴らしかったです。
1511031158
1511031210
1511031222

《金沢駅で合流》
13:00金沢駅に到着しました。
1511031305

金沢駅で、東京から来た従妹(金沢に住む伯母の長女)と広島県から来た姉と三重県から来た長兄の嫁と合流しました。
8人乗りのレンタカーに乗って、伯母の住むケアハウスへ向かいます。
ドライバーは兄。

《姉妹の再会に涙》
シニアマインド

伯母が出迎えてくれました。
90歳の伯母は心身共にまだまだ元気でした。
母が伯母を見て「みゆきさん!?」と駆け寄った姿が感動的で、私は胸が詰まって泣きそうになりました。
伯母の住むケアハウスは、私の勤めている老人ホームと全く雰囲気が違います。
私が勤めているホームは、電気が煌々と点いていて明るい、必ずフロアにスタッフが居て、来訪者に明るくお迎えのあいさつの声が飛び、入居者の行動、所在を把握していて、殆どの入居者は自由にフロア外に出られないけれど、伯母の所は、節電のためにフロアは薄暗く、エレベーターの乗り降りは自由、1階入口の受付にスタッフが居るだけでフロアにスタッフが居ません。

伯母の居室に8人が座り、懐かしく談笑。
伯母の頭はクリアで記憶が正確なので、わからなかった過去がとても明らかになりました。
談笑中、何度も母が隣りに座る伯母を見ては「あんた、みゆきさんやね!?」と言う姿が、何度も喜びを味わえているようで素晴らしく思えました。
いつもはしつこさに嫌気がさすほどの繰り返しが、こんなに嬉しく思えるなんて、素敵だと思いました。
あっという間の2時間でした。
従妹は、伯母の部屋に泊まります。

私達は、伯母と従妹と別れて金沢駅に戻り、ホテルルートイン金沢駅前にチェックイン。
そのあと、石川県庁の展望台に昇り夜景を見てから車で駅周辺をドライブしました。
ライトアップバスツアーは土曜日と特定の日しか運行していないのです。

石川県庁展望台
石川県庁展望台から
石川県庁展望台から
石川県庁展望台から
石川県庁展望台から
石川県庁展望台から

車を借りたタイムズレンタカーの駐車場に車を置いて、夕飯を食べに金沢百番街へ。
魚菜屋に入りました。
表からはわかりませんでしたが、お店の奥に6人が座るのに丁度いいスペースがあって、とても落ち着きました。
魚菜屋
魚菜屋
魚菜屋
魚菜屋

のど黒も海鮮丼も最高でした。
天狗舞というお酒も、とっても美味しかったです。

ホテルに戻ってから、一旦ツインの3部屋に分かれました。
204号室兄夫婦、202号室母と姉、203号室さくらさんと私。
最上階の展望風呂に入り、2次会は203号室に集合。
母と姉は2次会には参加せず、姉は母を部屋のシャワーに入れてくれた後、ひとりで展望風呂に入りました。
ホテルに戻る途中のコンビニで買った天狗舞をまた飲みました。
翌朝8時出発なので、0時前には散会。

二日目につづく
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのひとりごと & ネタ帳. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG