♪ふぅのひとりごとと、日常の会話の中でウケた話をネタとして記録しています。ネタ、ウケたら拍手をお願いします。
page top
ゆとり
13日(金)、14日(土)は2連休。
サイクリングのチャンスでしたが、用事ができたため、サイクリングは諦めました。

翌日が休みだと、なんて開放的なことでしょう!?
今年、この秋までは、やることがあって、休みの日もいつも時間に追われている感じでしたが、今はさしあたってやるべきことが無いので、何のプレッシャーもありません。
すると、どうでしょう?
寝てばかりいます。
あぁ、プレッシャーが無いと、こんなに疲れていたのか、と感じます。

昨日は、母をクリニックへ連れて行く日。
余裕を持って行くつもりが、やっぱりギリギリになってしまいました。
でも、翌日も休みなので、帰りは急ぎません。
クリニックの帰りは、いつものように回転寿司と買い物に寄って、実家に戻ります。
母は、ひとりでお風呂に入れますが、洗い方が十分ではなさそうなので、入浴を手伝いました。
北陸旅行中にも入浴を手伝ってみて、手伝う必要性を実感したので、これからは手伝った方がいいと感じました。
昨日、お風呂を洗って湯を満たし、母をお風呂に誘いました。
私は、服のまま、靴下だけ脱ぎ、背中を洗ってあげたり、洗髪も手伝ったり、自分でできるところは声かけをしたり。
母は、何も抵抗を見せず、私の介助を受け容れていました。
母がカランとシャワーの使い分けがうまくできていないことも、改めてわかりました。
湯船に入る時も、危険のないように見守ります。
湯船に浸かる母は「あぁ、気持ちいい。このまま出たくない。」と言うほど、喜んでいました。
今年は、私は忙しく、時間があるだろうと兄に任せっきりで、クリニックに行く日の月に一度しか実家に行かなくなってしまい、あまり母の面倒を見ていませんでした。

でも、旅行中に、お酒を交わしながら、兄の本音を聴き、母の状態も見たら、やっぱりもっと私は実家に通うべきだろうと思いました。
今まで、それがわかっていても、忙しさにかまけて、私にその余裕が無かったのです。
兄も、それが見て取れたと言います。
いつもセカセカしていて、心ここにあらずの様子だったと。

母が入浴を喜び、私も入浴を手伝っていて楽しい。
これからは、もっと実家に来ようと思いました。
そう思えるのも、今の私に時間的ゆとりができたからです。
この時間的ゆとり、て大きいな、と思いました。

兄も、入浴だけは、男の自分より、女の私がした方がいいと言います。
兄は平気でも、まだ母に異性に対する恥じらいの気持ちがあるからです。
兄は、入浴を手伝ってくれるだけでも大いに助かると言いました。
掃除、洗濯は兄でもできるけど、それだけは難しいのだと。

実家に行く回数が増えて、ますますサイクリングに行くチャンスが無くなっても、それが親孝行ならやむを得ないと思いました。
昨日は、実家に泊まることも可能でしたが、兄も引き留めなかったので、夜には帰宅しました。
私も、泊まるより帰った方が、自分の時間を有効に使えると思ったのですが・・・。

ああ、だめだ。
今日は、雨で自転車で出かけられないし、夜にはバスケがあるので、家で過ごしましたが、時間があると、寝てばかりいる。
今日までは良しとしましょう。

時間があるからと言って、いつも今日のような過ごし方をしていては、虚しさしか残りません。
来年から、新しい環境に入るので、まだどうなるか読めませんが、計画的に冷静に果敢に、充実した日々を目指したいと思います。
ただ、忙しくても、このゆとりの気持ちを忘れずにいたいと思います。







スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのひとりごと & ネタ帳. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG