♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
ベッドから落ちる
左足を思いっきり振って、右を向いたら、勢い余って、ベッドから落ち、左足を強かに打ちました。
両膝悪いけど、少しはましな方の膝を痛めました。
痛くて、すぐにはベッドに上がれませんでした。
こんなこと、てあるんですね、初めてです。
これは、夢の続きだったのです。

夢の中。バスケのゲームをしていました。
ディフェンスして、相手のボールを奪い、フロントコートにいる味方にパスを出す。
味方のフォローに入ろうと、ボールを追いかける。
味方と私の間に敵が一人。
パスを受けた味方は素人で、自分で攻めず、フォローしてきた私にパスを返す。
それが、間に居た敵の目の前で、敵と私が同時にボールを受ける形に。
それが、夢なので、ボールが突然大きなプラスチックの容器に変わる。
敵が女だったので、絶対取られまいとする私。
倒されても、プラスチックの容器から手を離さない。
夢だから、ホイッスルも鳴らない。
このままでは、態勢が不利だから、とにかく起き上がらなければ。と思いっきり左足を振り上げる。
気付くと、ベッドから離れて宙に浮き、畳の床に落ちました。

子供のとき、階段を踏み外した夢を見て目を覚ましたことがあります。
それは、膝を立てて寝ていて、その足が伸びた時に見た夢でした。
母に、女の子は膝を立てて寝るものではないと、教えられました。

母には、腰掛けたときの膝にもうるさくしつけられました。
レストランで座っているときも、子供だから、足が床に届かず、膝が開いてしまうと、膝に力を入れて閉じなさいと。
お陰で、私も、座っているとき膝が緩い女性を見ると気になるようになりました。
長いスカートやズボンを穿いていて、パンツが見えないからいいでしょ、とばかりに、股を開いている女性や若い娘を見ると、行儀が悪いなあと不快に感じるようになりました。

姿勢も矯正されました。
勉強していて、背中が丸くなっていると、突然50㎝ものさしを背中に入れられる。
冬なんか、冷たくてビックリします。
お陰で、姿勢がいいと、人から言われるようになりました。
そんな母が、今は骨が曲がって背中が丸くなっています、とても姿勢が良かったのに。

ベッド落下事故から、色々思い出された日でした。
関連記事

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG