FC2ブログ
                     ♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
ミヤを偲ぶ
大学の数学科で同じクラス。
三年生からのゼミも一緒。
バスケット部で、私と同じガード。

クラスでは、男子ともフランクに話せる快活な人で、在学中は、イベントなどの世話役を買って出てくれていました。
クラスでは、私と違うグループで、あまり一緒に行動することはありませんでした。

大学卒業後、同じクラスのS君とミヤが、中学の同窓会で会い、大学のクラス会もやろうよ、言ったのが、大学クラス会の始まり。
2008年11月のことでした。
クラス会を何年毎にやるかという話し合いで、10年後だと誰か死んでるかも知れないからと、2年毎になりましたが、本当に10年以内で、ミヤが逝っちゃった。

ゼミの集まりも、北海道に着任したM君が上京した際に、ミヤが、召集をかけてくれました。
その時、ミヤは入院していました。あれが、ガンの始まりだったのだろうか。

ミヤは、同じ大学の大学院を出て、中学校の数学教員になりました。
バスケット部の顧問もやっていました。

その後、ミヤは早期退職しました。
病気のせいか、遺産相続して得た不動産収入ができたからかわかりませんが。
退職前だと思うのですが、大学のクラス会で、学校に通い、趣味を楽しんでいる、という話を聞いたような気がします。

バスケに関しては、バスケが強い高校から来ていて、センスがいい人でした。
ゲーム審判をする姿も格好良かった。
インターセプトが上手で、ブヒーッと飛び出す姿を、皆で両手の指を豚のように2本ずつ(人差し指と中指、薬指と小指をくっつける)にして真似て、からかったものてす。

膝を痛めて、三年生の途中で退部したのですが、存在感があったので、そんなことも忘れさせてくれていたので、卒業後もバスケの集まりにも必ず声をかけていたら、私なんて、途中でやめたのに、と気兼ねしていました。

大学時代、ファッションセンスのいいミヤが、non・noを持って歩く姿に憧れて、私もnon・noを買ってみましたが、私は続きませんでした。

ミヤのご冥福を祈ります。


スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG