FC2ブログ
                     ♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
サプライズ
昨日は、ミヤを偲ぶ会と称して、大学のゼミの仲間が集まりました。
実は、この日サプライズがありました。
ゼミは違うけど、同じ数学科のヨシキが、岐阜高山から、最後の職員旅行で上京してきた際のフリータイムに、横浜まで会いに来てくれたのです。
8日(木)に間際の連絡が来ました。
アオとも連絡を取り、3人で会うことになりました。
会えるのは、夕方4時頃から。
でも、5時半から私はミヤの偲ぶ会、6時にはアオが茅ヶ崎に戻って職場の飲み会に出るため横浜を出なければならず、ヨシキも6時半には旅行仲間と合流し、飲み会。

アオと私は3時に落ち合い、ヨシキとは4時に約束しました。
ゼミのメンバーに、サプライズで名前は告げず、懐かしい人に会いたい人は5:20モアーズに来て、と流しました。

私は、北六横浜駅前店までの下見をするため、2時半に横浜に着きました。
店のHPの地図でおおよその位置はわかっていたのに、なまじgoogle mapなんて使ったものだから、わけわからなくなり、お店が見つからないまま、アオとの約束の場所へ。
アオにもつきあってもらって、お店捜索の続き。
なんだ、さっきから、ここ何度も通ってたよ。
1時間以上歩き通し、いい運動になったことにしました。

結局、アオとはお店に入る時間が無く、3人で入れそうな店だけ下見して、4時にヨシキと落ち合いました。
ゼミのメンバーはふたり来てくれて、ほんの数分再会の喜びを分かち合い、写真を撮って、別れました。

ああ、勘違い、2発
ヨシキとアオと3人でモアーズ8階のこななに入りました。
そこでの勘違いの会話・・・

(パート1)
アオもヨシキも私も、大学時代はポッチャリしていて、男子達に、誰が横綱で誰が大関か、なんて言われていました。
でも、そんなヨシキが、10年前に会ったときもかなり痩せていましたが、今回会ったときもかなり細くなって見えました。
アオが、細くなったヨシキの足を見て
アオ「本当に、なんでこんなに細くなっちゃったの?」
ヨシキ「親とぶつかったの。」

アオは、え?親と足をぶつけて細くなったの?と思っているような顔で首をかしげています。
私は、中学校教員をしている彼女が、保護者と何かもめて、ストレスで痩せたのだとすぐ理解しましたが。

(パート2)
ヨシキ「前から気になっとったんやけど、タッチンは、なんでタッチンになったの?」
アオ(手を挙げて)「はい、はい、知ってる、知ってる。」
この会わなかった10年の間に、年賀状のやりとりはしていましたが、途中から旧姓に戻りました。
私「離婚した、て言ってなかったっけ?」
ヨシキ「うん、聞いとらん。なんかおうちの都合でご実家に戻ったんやろか?とか思っとった。」
私「そうね、(離婚したの?とか)聞くに聞けないよね。」
ヨシキ「そうなんよ。」

アオは、タッチンというニックネームの由来を知っていると、言っていたのでした。
タッチンが、当時(林寛子がコマーシャルに出ていた)プッチンプリンが好きだったから、名字とかけて”タッチン”になったと。
私「プッチン、プッチン、プリン、プリン、てね。タッチン、タッチン(頭が)タリン、タリン、とかね。」
アオ「私は、そんなことは言ってないわよ。」
私「さっきも、親とぶつかった話、勘違いしてたでしょ。」
と3人で大笑い。
今もこれを打ちながら、ひとりで思い出し笑いが止まりませんでした。

ちなみに、タッチンの由来は、中学時代、京都に居た頃、バスケット部の後輩男子が、「たっちんて、(京都弁では)立ち小便のことを言うんですよね。」と言ったのですが、なぜか、それからみんなにタッチンと呼ばれるようになりました。

3人でしゃべっていると、5時頃、ゼミのじゅんちゃんから「モアーズに着いたけど、早すぎる?」とメールが届いたので、8階こななに来て、と返信しました。
じゅんちゃんも、同じテーブルに着き、勘違い2発をじゅんちゃんに話したら、じゅんちゃんも、アオと同じように受け取ったようです。
アオの名誉のために、書き添えておきます。


スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG