FC2ブログ
                     ♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
2018/9/15(土)母の通院~お墓参り~宴会~歌会
秋のお彼岸。
少し早めですが、今日、母と長兄と次兄夫婦と私でお墓参りに行きました。
午前中は、月に一度の母の通院に出かけ、お墓参りは14時に集合の約束です。

悉く馬が合わない
(その1)長兄にメールが通じない①
9/5 前日の台風21号が凄まじかったので、身内は大丈夫だったかと、広島県福山市、三重県度合郡、名古屋、横浜の実家と次兄宅の様子をメールで一斉に尋ねました。
メールの宛先を複数指定して、皆に同時に送信しており、そのあとのやりとりも皆が見られるようになっています。
三重の義姉(T子)から、
「我が家は初めて2階の配水管に何かが詰まって、1階の座敷が水浸しになりました。」
と返信がありました。
9/14 大変な被害に遭った義姉の所が心配で、その後の様子をメールで尋ねました。同時に、歌手として新曲を出したばかりの歌についてメッセージを加えました。
そのメールは、
「こんにちは。
>我が家は初めて2階の配水管に何かが詰まって、1階の座敷が水浸しになりました。

大変でしたね。
その後いかがですか?
落ち着きましたか?

T子さんの気合いが入った歌を買いたいのですが、暇無くまだ入手できていません。」

すると、長兄が、私の家が被害になったと勘違い。
返信マークを残し、T子さんの文を引用したのですが。
次兄の嫁のさくらさんや長兄の娘のともちゃんはわかってくれて、兄に記号>の説明などをしてくれたので兄は理解できたのですが、悪者は私。

(その2)長兄にメールが通じない②
母の病院の予約は10:40。
いつも私はギリギリに出かけることが多く、兄をイライラさせています。
今日もギリギリなので、私が母の出かける準備を手伝う時間が無いので、兄にメールしました。
「おかあさんの支度お願いします。
ハンカチとリハパンも。」
するとその返信は「意味不明。」
なんで意味不明かこっちこそ意味不明。

上のメールをフルで表現すると、
「時間が無いから、私が着いたらすぐ出られるように私が着く前におかあさんの身支度の手伝いをお願いします。
持ち物にハンカチとリハパン入れて下さい。」
私が母の支度を手伝うときはハンカチとリハパンを必ず入れますが、兄はそうした習慣が無いので、後半の文の意味がわからなかったそうです。
「ハンカチとリハパン」て「も」でわかるでしょ。

(その3)「・・・てる」じゃあわからん。
兄が私のギターをまだ見かけないので、「今日はギター持ってきてない?」と聞いたから、私は
「・・・てる。」と言いました。
活用する語尾だけ答えたってわからないよ。
「持ってきてる」と最初から言った方が話が早く済むのに。

(その3)傘2本
お墓に行くとき、母と私が先に車に乗り、兄は最後に玄関の鍵を閉めてから傘を1本持って車に乗り込みました。
兄が「傘2本あった方がいいかなあ。」と言うので、私は私の傘と兄が持ってきた傘で「2本あれば大丈夫。」と言ったのですが、兄はもう1本取りに車を降りようとします。
兄は私の傘をカウントしていなかったので、もう1本必要かと思ったのです。
午前中、私が自分の傘を使ったことを兄は知っているし、助手席にあるのを見ているかと思っていた私と、そのどちらも認識していない兄との誤解でした。

こんなことを綴っているうちに、昔のことを思い出しました。
昔、ふたりで喫茶店に行ったときのこと。
店員がオーダーを取りに来ました。
相棒が「コーヒー。」と言ったので、私は私の分ととりまとめて「コーヒーふたつ。」と店員に向かって言いました。
すると、相棒は「コーヒーが三つ来ちゃうよ。」と。
「私もコーヒー。」と言えば良かったのでしょう。
店員さんは笑いながら「(ふたりでコーヒーふたつだと)わかります。」と言いました。

お墓参り
朝から降っていた雨は、午後は霧雨程度になりました。
お墓参りに行ったのは、母、長兄、次兄夫婦、私。
皆が順に墓前でお参りしたあと、雨が強くなってきました。
あっという間のお墓参りでした。
ここで、一旦解散。

宴会
16時実家に集合。
シニア5人だと、料理もこのくらいあれば十分です。
2018/9/15
16:30献杯。
話題は、「チコちゃんに叱られる」や、このところの誤解だらけの兄と私のやりとり。
なぜ汗はしょっぱいか?
次兄が正解を出したときは、皆で「つまんねヤツだなあ。」と(笑)。
兄と私のやりとりでは、次兄の嫁のさくらさん裁定ではいくつか兄に軍配が挙がりました。

歌会
亡くなった父は歌が好きでした。そして遺族も歌が好きです。
だから、身内が集まったときは皆で歌うのが恒例になっています。
先月、お盆で集まったときは、フォークソングを歌いました。
そのとき、さくらさんが、おばあちゃんが知っている歌を気にしてくれていたので、私は母の知っている歌の載っている歌本をネットで買いました。
日本のうた第2集 日本のうた第3集

今日は、これらの本を見ながら歌いました。

母は齢90。
感情豊かな母。
歌会では、泣いたり笑ったり、元気に手拍子を打ったり。
目の前のお菓子も気になります。
こんな無邪気な母が私は大好きです。

母のために古い日本の歌の本を用意しました。
この本のギターコードが難しいんですよね。
だから、私流にアレンジして弾いているところもあります。
音が高くて歌うのも大変、よく知らない歌なので歌い方も怪しく。
さくらさんは、PCで歌を検索してPCで歌詞を見ながら歌います。
母が喜んでくれるのが一番嬉しい。
さくらさんの伸びのある高音が好きで、一緒に歌っていて楽しいです。
「りんごの歌」「みかんの花咲く頃」「とんがり帽子」「鳴くな小鳩よ」「星の流れに」「山小屋の灯火」「憧れのハワイ航路」「東京ブギウギ」
途中で、
母「あんた誰?」
私「親子なのよ。」
母「親子なの?」
「青い山脈」
鎌倉
「かもめの水兵さん」「かわいい魚屋さん」「目ん無い千鳥」「湖畔の宿」「誰か故郷を思わざる」「蘇州夜曲」「里の秋」「朝だ元気で」「森の水車」「お山の杉の子」「同期の桜」「ラバウル小唄」「港の見える丘」「夜のプラットホーム」「湯の町エレジー」「どじょっこふなっこ」「長崎の鐘」「銀座のカンカン娘」「悲しき口笛」

「ぞうさん」「やぎの郵便屋さん」「君の名は」「雪の降る町を」「お富さん」「あなたと共に」「岸壁の母」「高原列車は行く」「別れの一本杉」「月がとっても青いから」「小さい秋」「若いおまわりさん」「ここに幸あり」「好きだった」
「港町十三番地」港町十三番地は途中から”憧れのハワイ航路”になってしまいました。さくらさんと私揃って間違えたのがおかしくて大笑い。おかしくておかしくて笑いが止まらず。お腹の底から笑いました。あ~、苦しかった。
「東京だよ、おっかさん」「東京のバスガール」「琵琶湖周航の歌」

今日もいっぱい歌いました。
動画を撮りましたが、限定公開です。
長兄は、眠たかったようで、一緒に歌いませんでした。

21時終演。
解散です。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG