♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
永山監督ご勇退
神奈川新聞2018/11/26掲載記事

私は、大学時代、プレーヤーとしてバスケット部に所属していましたが、マネージャーとして準硬式野球部のお手伝いもしていました。
練習日に参加したり、試合のスコアラーをしたり、追浜球場や横浜スタジアムでうぐいす嬢を経験させていただきました。
長野県や大島で行われた、夏、春の合宿にも参加しました。

その野球部の永山監督が53年間務められたという監督を昨年の秋勇退されました。
昨日2月10日(日)、その勇退式が大学のレストランで行われました。
奥様も同席されています。
私は、岐阜県在住の、一緒にマネージャーをやったヨシキと一緒に出席しました。

OB100名、現役40名の多数出席で、立食パーティは盛会となりました。

在任中の大きな病気も乗り越えられ、ほぼ半世紀神奈川及び大学の準硬式野球部の発展にご尽力されたこと、本当に頭が下がります。
監督は、温和な表情の中に、いつも眼光鋭い方というのが、私の持つ印象です。

13時開始。
最初に約15分のスライドショー。
そして40年卒、55年卒、平成16年卒、現役、昭和59年?卒、49年卒の6名が代表して、各々5分スピーチがありました。
それからビールで乾杯。

皆が一人ずつ話すのは、人数が多すぎるので、卒業年度でグループに分け順番に対談と写真撮影を行いました。
順番を待ちながら、懐かしい面々と料理をつまみながらの対談。
私が知っている先輩や後輩は、ほとんど卒業後初めて会う人ばかりです。
もう懐かしくて懐かしくて、興奮しました。
昔と全然変わらない人、名前を見ないと(全員に名札が配られ胸につけている)わからない人、名前を見ても思い出せない人、様々でした。
女子マネージャーは何人も来ていましたが、その中では私たちが一番の古株の様でした。

最後に記念品贈呈式があり、記念品、お花、寄せ書きの色紙などのプレゼンターとして何名かが幹事から指名されています。
私達も、色紙を渡して欲しいと直前に依頼されました。
贈呈の際に、ひとことずつスピーチをしました。
私は、マネージャーになったいきさつや、永山監督が長くいらしてくださったおかげで、OB戦の日に大学グランドまで子連れで行ったこと、自宅から自転車で行ったこと、OB会の宴席には一度だけ出席しその後は、一次会のお店の外で同期と落ち合って、監督にあいさつだけしたことなど、そういうつながりの機会を与えて下さったことなどへのお礼、神奈川県及び当大学の準硬式野球部の発展にご尽力いただき、神奈川県リーグ優勝、関東甲信越大会優勝など立派な成績をおさめられ、卒業生として誇り高く思い感謝していることなどをお話ししました。
奥様も、時々グランドに遊びに来られたり、監督のお宅での新年会でご馳走になった思い出話もしました。
ところどころジョークを挟みながら、いささか緊張したけれど、我ながら人前で話す度胸はまだ残ってるのかなと思いました。

ずーっと立っていたので、足が痛くなりました。
ヨシキは平気で、他の人達も平気そうでした。
私は、走り回る元気はあるけれど、立ちっぱなしは苦手です。

迎車タクシーに監督ご夫妻が乗車されたのを皆で見送った後、解散。
近い年代の人達は、徒歩20分ほどの相鉄線和田町駅まで歩いて行き、二次会があるようですが、私達は近くのバス停から市営バスに乗って横浜駅に戻りました。
大学に向かうときも、今日岐阜羽島から新幹線に乗ってきたヨシキと横浜駅で落ち合い、まだ早すぎるので喫茶店でお茶してからバスに乗っていきました。
ヨシキは鎌倉のご親戚の家に泊まり、翌日アオと3人でまた会うので、バスを降りるとそのまま横浜駅で別れました。




【関連記事】
大学の同窓会
不義理
アイ・ジョージ、て知ってる?赤いグラス、て歌知ってる?
大学野球部OB会
関連記事

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG