♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
2019/8/25(日)夏祭り
今月6日、元の職場の老人ホームのホーム長から直々に、夏祭りでリコーダーを吹いて、とお声がかかりました。
そのホームを離れてから3年過ぎます。
昨年も一昨年も、夏祭りの応援に行きました。

11時頃来てほしいとのことで、ホームの近くのコンビニで、スタッフへの差し入れにアイスを買って行きました。

1階のY様、K様の部屋を訪ねると、お二方とも入口に立った私を見ただけで、わかってくださり、名前も憶えていて下さいました。
次は3階へ。
リビングにシロー様とN様がいらっしゃいます。
シロー様は、離れた所からでも私を見つけると、気が付いて喜んで下さいました。
しばしシロー様とおしゃべり。

次は、フロアで作業をされているN様。
皆さんの介護用に湿らせたウエスをスタッフが使いやすいように巻いて下さいます。
今日も以前と変わらず器用に巻いていらっしゃいました。
目が見えなくなってきたと仰っていましたが、今も読書を続けていらっしゃるとのこと。
体力が落ちたと自嘲されていましたが、まだまだお元気です。
シロー様もN様も90才を超えています。

S様の部屋をノック。
ベットに腰掛けていらっしゃいました。
もうすぐ100才ですが、入口に立った私を名乗る前に気が付いて下さいました。名前も。

皆さん凄いです。
私なんて、1年経つと、にわかには入居者様の名前が思い出せず、事務所で名簿をもらって復習しなければなりませんでした。

A様は昨年お会いした時も、私のことは忘れていらっしゃいましたが、今日フロアで声をかけ、A様が好きだった「支那の夜」をリコーダーで吹いたり一緒に歌ったりしました。
声は相変わらず大きくてお元気でした。

1階フロアに戻り、出店の手伝いをしました。
お皿にお好み焼き、ウインナー、焼き鳥、じゃがバター、枝豆を分けていく作業。

立ち仕事は疲れます。

1時半頃、3階に上がり、2時からの盆踊りまで、少しずつ誘導されていく皆さんを待ちながら、頼まれていたリコーダーを吹きました。

昭和の歌本の目次を見て曲を選んだり、入居者様のリクエストに応えて即興で吹いたりしました。

最後にと、リクエストによる「幸せなら手をたたこう」で締めましたが、まだ次の準備ができていないようなので、炭坑節と東京音頭を吹きました。
皆さんも一緒に歌っていらっしゃいます。
東京音頭、なぜか途中から同期の桜になってしまいました。
もう一回東京音頭を吹いたら、ちゃんと吹けました。

2時、ボランティアの人による踊りが始まりました。
女性一人です。
最初は一人で八木節を披露。
次に炭坑節。
入居者様達は殆ど座って見物。
スタッフが中央に出て踊ります。
私も。
掘ってぇ掘ってぇ担いで担いで後下がり
押してぇ押してぇ開いてチョチョンガチョン
更にテンポを上げます。
東京音頭。私は右膝が痛むので休みました。
八木節。私もまた輪の中に入ります。
まぁるまぁる(右にジャンプして)右チョン(左にジャンプして)左チョン
これを何回も繰り返し。
結構ハードです。
東京音頭と八木節を長らく繰り返し。
八木節では、ジャンプするごとに、あソレ、エンヤコラ、うんとこしょ、あドッコイ、まだまだぁと合いの手を入れながら頑張りました。
法被を着ていたので、暑いこと!
でも、八木節でスタッフのジャンプが揃うと見ものでした。
楽しかったけど疲れました。
途中でリタイアした中堅のスタッフも居ます。

3時終了。
皆さんが各フロアへ移動中も、リコーダーを吹いて送りました。
後片付けを手伝い、1階に戻ると、リビングでおやつの時間。
盆踊りに参加されなかった方のために、またリコーダー演奏。
事務所にも聞こえているので、喜んでくれます。

最後はスタッフルームで少し休んで、ホーム長達に挨拶して帰りました。

家に帰ると見たいビデオか溜まっています。
でも、疲れて、見ては寝入ってしまい、目が覚めて巻き戻してはまた再生して、それの繰り返し。

今日はそんな日曜日でした。






関連記事

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG