♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
平熱
病気知らずの私は、体温測定なんて最近はおよそしたことがありません。
2014年2月にインフルエンザに罹患したとき、2017年11月、前の会社の健康診断のときくらいでしょう。
発熱しないと言うだけで、咳、くしゃみ、頭痛程度の風邪はたまに発症しています。
病気知ってたか・・・でもその度に、自分では鬼の撹乱と言ってきました。

現在、私の勤務先でもテレワークが始まり、出社とテレワークを併用しているのですが、テレワークの日は、朝と夕方に体温を報告することになっています。
私は平熱が低いです。
子供の頃から低くて、35度台が多かったように記憶しています。
そのせいか、頭がガンガンして体が熱いと感じても、せいぜい37度台。
37度もあると、具合悪くて動けませんでした。
それに反し、姉は平熱が高く、38度あってもいつもと変わらずない様子でした。

最近体温を測り始めて、やはり低いです。
朝9時頃35度台。夕方5時頃36度台。
今朝は、34.7度、夕方35.4度。
低過ぎません?

問題は、平熱が低いとどうなの?てこと。
結論から言うと、あまり良くないらしい。
体温が低い…原因は?頭痛や吐き気を伴うことも。体温を上げる食事・飲み物
でも、至って元気な私にあてはまらない症状ばかり。

平熱が低い人は長生きをするという記事もありました。
平熱「35度」台と「36度」台、長生きするのはこっちだ

あんまり長生きしたくはありませんね。
死ぬわけにはいかないから、生きている以上楽しくありたいと思って前向きに楽観的に生きるよう努めていますが、夢も希望も楽しみもお金も無く長生きしたいとは思わないのです。
でもギリギリまで頑張って生きそうな気もします。

降圧剤を飲むのを自らの意思でやめたのは2017年12月。
降圧剤止めます
話はいささか逸れますが、
私は小学校6年生の頃、死にたいと思うようになりました。
別にいじめにあってるとか、嫌なことがあったというわけではなく、ある意味哲学的思考だったかと思っています。
生きることについて、友達について色々考える年頃でした。
そして行きついた結論は、
自分は幸せな家庭に恵まれているから死にたいと思い詰めることはない。
きっと死ぬ場になったら怖くて死ねないと思う。
本当に自殺した人は死ぬ勇気があったのでなく、恐さもわからないほど理性を失っていた。
死にたいと考えるのは暇だからだ。
人は暇過ぎるとろくなことを考えない。
でした。
更に後年、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の人が、死にたくても自分で体を動かせないから自殺することもできないと言ったのを聞いてからは、五体満足な人間が死のうなんて考えること自体が罪深いと思うに至りました。
関連記事

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG