♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
4/9(日)母と面会(3)
4/6(木)時点の母の状況は
「甲状腺ホルモンやカリウム充当の治療は既にしていない。
取り敢えず、治療階の3階の個室にこれから移動する。
が、空きが出れば、今後は療養階の2階の個室に移動する。
今は静脈に点滴しているが、浮腫みが酷いので、皮下に点滴をする治療に変える。
今後2か月ぐらい持つか、今日明日にも急変するか、見当が付かない。」
と言うことでした。
個室に移ったので、予約をすればいつでも面会できるとのことでした。

昨日、次兄の嫁のさくらさんからLINEがありました。
「月命日は明日ですが、お墓参りしてきました。

もう少しおばあちゃんを私たちの近くにいさせてくださいと、おじいちゃんにお願いしてきました。」

私の思いは違っていました。
母の意識がほとんど無いのは、もう95歳で十分生きたから、そろそろ父の所へ行かせてあげてもいいのではないかと思いました。
そう思うのは不謹慎だろうか?
意識が戻っても、認知症がかなり進んでいて、自分の子供たちのこともわからない、生きていることを楽しむこともできているのかどうか、そう思うと、私の我のために母をこの世に引き留めることより父の元へ見送ってあげた方がいいのではないかと思っていました。
父がまだ来るな、て言ってるのかな?
おかあさん、まだあの世に行きたくないのかな?
どちらにしろ、考え過ぎず、運命に任せようと思うことにしました。

因みに、父は2012年2月9日に他界しています。
関連記事↓
4連休
最期まで素晴らしかった我が父

今日の14時母の面会予定です。
長兄、次兄夫婦、その長女のさっちゃんと病院で落ち合いました。
私は自宅を12時半に出て、13時半頃病院の駐車場に到着しました。
私の車しかありません。日曜日で休診日なので少ないのですね。
同じ頃、長兄を乗せた次兄の車も下の駐車場に着いていました。
そこはほぼ満車でした。
今日は休日用の入り口から入ります。
あら、フェイスシールドを玄関に置き忘れて来ちゃったんだって。
途中で気が付いて取りに行く時間はあったのに、500円くらいまた払う、てそのまま来たらしい。

3階病棟のナースステーションに14時前に着きました。
予定より少し早いけど面会のセッティングをしてくれました。
二人ずつ個室に入ります。
私は最初に長兄と入り、さくらさんとさっちゃん、次兄と再度さっちゃんの順で個室に入りました。
10分ずつと時間をくれました。

母は目を閉じています。
「おばあちゃん。」と声をかけました。
目が開きました。
病院で初めて面会した日は少し眉間に皺が寄っていて私が声をかけても反応が無かったので、もう無理しなくていいよ、て思いましたが、今日は、まだ生きてくれている、まだこっちに居たいのかな、もう無理しなくていいとか見送ってあげたいとか思っちゃいけなかったのかな、おかあさんがこの世に存在してくれるだけでこんなに嬉しいのか、て思ったらなんだか泣けてきちゃいました。
私は、ただ「のんちゃんだよ。」を繰り返していました。

面会を終え、病院で解散し、私は14時22分に駐車場を出て、ガソリンを補充するためにいつものガソリンスタンドに寄って家に帰りました。
往きは空いていましたが、帰りの道はやや渋滞していました。
関連記事

コメント

管理人にのみ表示

お義母さんが苦しんでいたら早く楽にしてあげたいと思いましたが、少し落ち着いてきていたのでもう少し……と思いました。
でも本当にいなくなるのは寂しすぎるという私の我です。ごめんなさい。
さくら | URL | 2023/04/12/Wed 08:11 [EDIT]
さくらさんへ
ごめんなさい、だなんてとんでもないです。
裕子さん、て本当に優しいなあ、て思っています。
のんちゃん | URL | 2023/04/13/Thu 20:40 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG