♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
大学時代
昨日、大学バスケの飲み会に出ました。
毎年1回は、同期の女子だけで集まっているのですが、昨年ドタキャンしたふたりに今年の幹事をやってもらったら、今年はなぜか男子も合同の会になっていました。
男子は2年先輩がふたり、同期が5人、女子は5人でした。
その男子の中には、長野県から来た人、単身赴任の大阪から自宅の山梨に戻る途中で寄った人、春から大阪に単身赴任する人などがいました。
何人かは、年1回のOB会で会ったことがありますが、同期のE君とK君は大学卒業以来初めてです。

体育系ですから、おかしな連中ばかりで楽しかったです。
たまたま男子の幹事の隣りに座ったために、私は女子の幹事じゃないのにお金を集める役になっちゃいました。
ひとつだけ不愉快なことがあって、それがために後味の悪いものになったけど。

みんなは三次会に行ったみたいですが、私は今日も仕事なので、二次会の後そそくさと帰ってきました。
大学時代の人に会うと、私の外見が変わったとよく言われます。
体重は今の方があるのに、やせてきれいになった、て。
その都度言い返すのは、もともと綺麗だったの。素材は良かったの。あなたがそれに気付かなかっただけなの。
今の私を知っている人が聞いたら、前はそんなにひどかったの?て言われそうね。

今の方が輝いていると言われます。
私の大学時代・・・私の人生で一番つまらなかった、灰色の時代です。
たいていの人は、一番青春を謳歌していたはずなのに。

ろくに受験勉強もせずにそれなりの大学に入り、現役中も別に何の苦労もしなかったけど、あまりにも平凡な日々でした。
小、中、高校と各2回、東京、茨城、福岡、京都と広範囲にわたって転校をした刺激的で有意義だった時代に比べ、大学時代は夢も希望も刺激もない時代でした。
関連記事

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG