♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
深いい話?自転車も奥が深いのヨ。
先日の会社の慰労会は、会社近くの青葉台の聘珍樓で行われました。
個室の円卓で、出席者9名で、全員が同じ話題で話せる距離と位置でした。

所長はゴルフが趣味でゴルフを例にしていいお話。
「和して同ぜず。」
ゴルフはチームで回るから仲良く回るために相手に協調することが大事。人間社会では必要なこと。
でも人と一緒だと、気を使ったり、気が散ったり、自分のペースが乱されるものであるが、それを乱されないように集中する精神力を養うにはゴルフはとてもいい修養の場になる。
ゴルフはメンタルなスポーツではあるが、基礎体力、運動神経も重要である。
私も、自転車の話や人生論、夫婦について話し出したら、語っちゃう人。
自転車に関しては、山中湖に行った体験から確信したこと、斜度20%以上の坂を越えて確信したこと。
やると決めたことは必ずできる。
惜しくもできなかったことは、いつか必ず達成できる。だから諦めてはいけない。
そんな話を、つい、熱く語ってしまいました。
すると所長に「全くその通り、いいこと言いますねえ。僕も71歳になるけど、まだまだ教わることがありますね。」としきりに感心されてしまいました。

他にも、ひとりの女性が、人生相談みたいな悩みを言い出したものだから、それについて所長も答えていらしたけど、私にも答えがあって、つい口を出してしまいました。
それにも所長に感心され・・・。
夫婦のあり方や仕事について。
結婚して夫に喜んでほしくて尽くせるだけ尽くしたのに離婚。
仕事でも皆さんの役に立ちたいから一生懸命やるのにそれがミスしたり役に立てないとき落ち込む。
私がそれに対して発言したことは恥ずかしいので書きませんが。
結局、私が言ったことは、所長のお話の「和して同ぜず。」に共通するところがありました。
和して同ぜず=君子は人と協調するが、安易に同調したり雷同したりすることはない。主体的に人とつき合うべきであるということ。

先日百草園の激坂を制覇して2~3日経って改めて思ったこと。
花や景色を楽しむだけのサイクリングかと思いきや、自分の限界を超えると見えるものがある。
ヤビツを上ったとき、荒川まで走ったとき、酒匂川を走ったとき、達成感でいっぱいでした。
でも、山中湖や百草園の体験は、達成感のみならず、人生に通じる何かを得た気がしました。
そして、思い出したんです、テレビで見たプロ野球の下柳投手の話を。
日本テレビの深イイ話より

私も、山中湖を日帰りしない、百草園激坂を上らない、つまりやめる理由ばかり考えていたけれど、前に進むことのみ考えた結果、それらを乗り越えることが出来たのでした。
関連記事

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG