♪サイクリング、バスケのことをメインにふぅの日常のことを記録しています。
page top
2009/6/8(月)和田峠リベンジの話
昨日の記事で、和田峠のリベンジは遠くない将来、てなことをほざいておりますが、表じゃありませんよ~。
裏です、裏。
表なんて、この私がどう頑張っても押さずに上るのは無理です。
裏和田リベンジの前に相模湖側からの牧馬峠制覇が先でしょうか。
相模湖側からの牧馬峠の方が、昨日私が行った道志道側からの牧馬峠よりしんどいと思いますから。
関連記事

コメント

管理人にのみ表示

無理はしないでくださいね
自転車で登坂中に気持ちが悪くなる・・・・それって脱水症状じゃないでしょうか?? お腹すいてたのに食べてなかったでしょ?通常食べ物からも水分とってるわけですし、ミネラルも足りなくなったのでは??

脚がつりそうになったのも、ビタミン、ミネラル、水分の不足が疑われます。我々の年代になると長年の生活上での疲れやいろんなものが溜ってますから肉体的にはあまりがんばりすぎないのが得策だと思います。

気持ちは頑張れますが、体は選手とかとは違うので無理はあとで全部でます。(アタシがいい例でございます)

競技の選手などはトレーニングはさることながらマッサージなどのケアを専門にする人がついてますし、ついてなくても定期的にそういうところへいってケアをしています。もちろん毎日のケアもですが・・・・・(八王子総裁も競技やってた時代はそうだったそうですよ)

なので我々素人がサイクリングレベルで無理をすればのちのち体にいろいろな弊害がでてきます。
なのでリベンジは体調が完璧で、天候もなにもかもすべていいときにしてくださいね♪♪

和田は逃げませんから・・・・ 

でも長くサイクリングを楽しみたいのなら無理に和田を登るよりもっと別なところに行ったほうが楽しいですよ♪♪ 登って楽しい峠のほうがよくありませんか??

女性で和田を登る人はたいていロードの人です。自転車は機材スポーツですから機材を選べば登りはある程度までは登れます。

同じロードバイクでも峠を登るときはホイールをそれ専用に換えたり、軽量化したりしてなるべく体にかかる負荷を軽くして登ったりする人がほとんどです。重い自転車で、ましてやフラットペダルで登る人はノールさんくらいでほぼいません。

それは体に無理を強いることだから・・・・

ふぅさんが今回裏和田で脚をついてしまったのはまずは条件が違ったからですよ。実力は充分あると思います。でもポルシェと日本製の軽乗用車とじゃ勝負にならないでしょ?

自転車自粛生活はつまらないですよ・・・・・ま、自業自得なのでアタシの場合仕方ないですけどね。


オムアリ | URL | 2009/06/08/Mon 15:36 [EDIT]
オムアリさん、ありがとう。
あの日、お水は飲んでいたのだけど、やっぱり日頃の運動不足でしょう。
>でも長くサイクリングを楽しみたいのなら無理に和田を登るよりもっと別なところに行ったほうが楽しいですよ♪♪ 登って楽しい峠のほうがよくありませんか??
そう、身分相応の峠に上って満足感に浸るほうが楽しいだろうとも思います。
あんまり楽ではなく、ちょっと頑張って乗り越えられる峠。
人生と同じかな?

体調を万全にしてサイクリングに臨むの、てなかなか難しいものですね。
ふぅ | URL | 2009/06/08/Mon 21:21 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© ふぅのサイクリング&バスケライフ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG